« しばしば見られる腹部の邪骨について | トップページ | 代償反応 »

美容整体

25歳も過ぎますと、骨も固まり、あらゆる意味で完成体に近づきます。
従いまして、O脚、X脚を完全に治しきるということはできません。

しかし、そのことがその人の歪みの問題であって、症状を現出させている基本的な要因である場合、やはり完全ではなくとも矯正しておかねばならないでしょう。

なぜなら、骨盤の位置異常や仙骨の収まりに影響を与えてしまうからです。
そういった意味で施術の効果を計る観点から、どの程度矯正されたか、診るというのは意義のあることと思われます。

特に意識せずとも三関節原理の基本手技を行えば矯正されていくものなのですが、微妙に角度を変え、また、O脚とX脚との違いを考慮した手技をチョイスするなら尚矯正されやすくなるものです。

そのことによって骨盤内臓器が正常な位置に戻りひいては症状の軽減もしくは消失を得られれば一石ニ鳥というものです。

ビジネス上、治療的分野と美容的分野の施術を分けてメニューを作りますが、本来一体不可分なものであるということは施術者なら当然知っていることであって、あくまで、商売上の問題を考えてのことでしょう。

整顔美容整体も同じです。
「苦痛に顔を歪ませる」などという表現がありますが、まさに顔の歪みは肉体的、精神的苦痛の表現なのです。

クラニアル的にいえば脳膜の歪みが反映されているに過ぎません。
それが極端に矯正されやすい人とそれほど物理的には変わらない人たちがいて、美容的観点のみでセールスしてしまうと、満足できない一群の人々から不評を買うことになるわけです。

そして2ちゃんねるに書き込まれ、ダーメージ商品の典型となって、信用を失うことにもなりかねません(なっているようですが)。

足から顔の歪みを治すという方法論もありますが、これも意識されない苦痛の表現である顔の歪みを足の施術によって苦痛を取り去り、歪みが矯正された結果というわけで、同じように物理的にあまり変わらないように見える一群の人々もいます。ですから、これもまた美容的観点のみのセールスでは信用を失います。

一等地でお客に困らない店舗なら次々とクライントが来て、また、効果が見える人も一定の確率で出ますから、なんとかある一定の客数を確保できますが、個人でサロンを開き、少数を相手にする場合は、それのみのセールスでは無理かと思われます。

顔は無意識であっても内面が如実に出やすいわけで、だからこそ、顔の望診という方法論が古代より行われてきたわけです。

分かりやすく言えば、顔の歪みを様々な観点から診て全身の歪みを診ようとしたものが望診なのです。当然、全身の歪みがなくなれば顔の歪みもなくなるわけで、それを顔だけ無理やり0.5ミリ変え、「ほら、矯正された!」と言い含めるのは施術者ではなく商売人でしょう。

商売人が悪いとは言いませんが、自らの首を絞めるだけではなく、真面目な同業者の信用まで失わせるのはどうかと思います。

美容整体は治療的一要素に含めるべきと思う所以です。
昨今、そのような考え方のサロンも出てきているようです。

おそらく今後、美容整体の考え方はその方向でいくでしょう。
ほんのわずか技法を変えるだけで対応できるのですから。

« しばしば見られる腹部の邪骨について | トップページ | 代償反応 »

つぶやき」カテゴリの記事