« 歪み | トップページ | 愛と寛容 »

人間は考える腸である

(一)

人間は考える腸である
腸を専門に研究している有名な医学者の言葉です。

最近、色んな意味で腸が注目されていますね。
腸相で分かる寿命とか・・・・一見、正当医学から外れているようないないような・・・・

腸については10年くらい前に「医道の日本」という東洋医学系専門誌に論文を投稿したことがあります。

題名は「腹診、腹証の意義」
日本では「腹証」という独特な診断法が発達してきた歴史があります。

お腹に対する感覚は世界の中でも最も豊かな感性を持っている民族なのかもしれません。

そういうところから話が始まり、発生学的に言っても、腸は最初に出来た臓器であり、腸が発生したことにより、脳が必要になった、という趣旨の論文でした。

そして腸は第2の脳というものではなく、脳の母ではないか・・と。
そこに関連性がないわけがない、とも。

英語でも「腹の底から湧き上がってくる感情」のことをガット・フィーリング(腸からくる感じ)というのだそうです。

東洋医学の経験知は心-小腸を陰陽関係として捉え、表裏一体のものと考えます。
(この場合の心はココロのこと)
ガット・フィーリングは万国共通で感じていたものなのでしょう。

一流の専門学者が言っていることを聞くと、10年前に小生が書いた論文をそっくりなぞっているような錯覚にとらわれます。

(盗作しやがったな)などと考えるのは被害妄想。だって相手は専門の学者ですからね。素人の意見など無視します。だいたい「医道の日本」なんていう雑誌は読まない。

まあ、でも自分が10年前に言ったことが今、大真面目で議論されているのを聞くと、結構自尊心をくすぐります。

日本の腹証とはちょっと違うのですが、オステオパシーでも内臓マニピュレーションという手技があります。この手技はどういうわけか、各内臓に感情が宿るという前提で行われます。こうなると六臓六腑に感情を配当した東洋医学の前提となんら変わりません。

言い方、名称、アプローチの違いを超え、自然療法は洋の東西を問わず、ある一点に収斂していくのではないでしょうか。少なくとも、現代医学との視点とは一線を画し、ヒトの持つ感覚、感性を第一義的に考えるようになるでしょう。

一方で現代医学は分析的、帰納的方法論に益々拍車がかかり、様々な未知を既知化していっています。そして、自然療法はそれらのことを取り入れながらも感性を重んずるという原点回帰への方向に向かっていて、なにやら面白い時代ではあります。

(二)

セロトニンと言えば、ドーパミンと並んで脳内物質の代表格的な存在です。
しかし、身体の分布から言えば、実に90%は消化管に存在しています。

言ってみれば消化管に何らかの機能低下があると、全体のセロトニン量に影響を与えてしまい、不都合が生じる可能性があるわけです。

腹証の意義はそんなところにもあるのかもしれません。

腸の働きを良くするのに、古くは整腸剤サプリや今風な感じで言えば、特定保健飲料など、様々なものがあって、どれが自分にあっているのかさっぱり分かりません。

腸の働きを大切にするのは重要なことですが、情報過多というのもまた選択できなくってしまう要因ではありますね。

これについては専門外ですので、なんともコメントしようがありませんし、お奨めのものは?と問われても答えに窮してしまいます。

整体的に考えると、腸をはじめ内臓の働きを活発にする方法はいくらでもあります。
伝統的なツボ刺激でも内臓はよく動きますし、足の施術でも活性化できるものです。

意外に腕の施術で内臓が動いたりして、(ヒトによってポイントが違うのだなぁ)と実感できる現象ではあります。

個人的に思うに、一番の内臓機能低下の原因は下垂によって起きるような気がします。腹証を限りなく行っていると、第10肋骨の開き角度があまりにも人によって違うことが分かるのです。

一言でいうと胸郭の有り様ということになるのですが、煎じ詰めると、第10肋骨の開きの問題になるでしょう。生まれつきのものですから、大きくこの角度を広くする変えることはできませんが、そこに加齢現象が加わり、または仙腸関節(骨盤)の歪みと相まって、横隔膜の弾性が失われ、さらに胸郭の歪みを助長しているケースが多いものです。

そうすると、胃があるべき位置に収まらず、やや下垂し、それに伴い、全体が下垂していくわけです、当然、腸管もまた圧迫され、または自ら下垂し、機能低下に至るわけです。

そうすると、下腹が膨らみ、特有の「下腹部ポッコリ」状態となってしまいます。
腸は脳の母ですから、母の不都合は子に及び「母病犯子」となって、物忘れも拍車がかかっていくわけです。

内臓が下垂していると頭の働きは確実に低下していくのですが、これを指摘した療法家は寡聞にして知りません。

そこで胸郭をやや広げ気味に、また横隔膜の弾性を回復させ、かつ内臓(胃を中心に)の位置を上方に押し上げると、ウエストが締まり、アンチエイジングともなるのでした。
男性に多いリンゴ型腹部膨満は完全なメタボなので即効的対処ができません。

手技だけでは限度があります。当然、腹筋の強さが必要になりますので、ある程度の腹筋力はつけておくべきでしょう。

エステ等で行う痩身術はこの腹部内臓下垂の問題を解決したときにハッキリしたウエストラインが出て、効果を実感できるものなのではないかと推測できます。

また、そのような状態にしたとき、間違いなく若返るのは腸と脳の相関関係によるものであって、単に気分の問題ではありません。脳が若返ることによって、ホルモン量が変わるのです。

頭蓋が閉じていると影響力は限定的ではありますが・・・・・

こうしたことから、真のアンチエイジングとは腹部の内臓位置異常を正し、頭蓋へのアプローチによって脳脊髄液の循環を促し、直接的、間接的に脳の活性化を図るということになるのではないかと思う次第です。

(三)

「男は頭で考え、女は子宮でものを考える」
昔から言われてきた言葉ですが、ちょっと性差別的な言葉で、今、こんなことをいうとハラスメントで訴えられかねません。

しかし、感性的、情緒的な判断が優先する思考形態を持っていることは確かでしょう。
そもそも、母性という男にはない無償の愛を顕現しやすい感情が備わっています。

ある卒業生がクライアントの症状を貰って、自分の身体に再現されてしまう、と悩んでいました。実はこのような悩みは多いものです。
しかも、圧倒的に女性が多い。

これを共感現象というのですが、この現象の背後にあるのは原始感覚、つまり内臓感覚なのです。まさにガット・フィーリングでもあり、子宮感覚でもあります。

ヒトは本当に疲れきったとき、または限界状況に陥ったとき、父性的な厳しい愛よりも、母性的な無条件な愛に包まれたいと思うものです。そのときはいかなる理屈も受け入れられない状態になっていますから、理屈を超えた癒しを欲するのは当然です。

戦争をしていた時代、徴兵された若者が最後「天皇陛下万歳!」ではなく、「お母さん!」と叫んで壮絶な戦死を遂げた者が多かったというのは有名な逸話です。
(職業軍人は別として)

世に母親との関係がうまくいかないという人も多いのですが、それだけでその人の人生には癒しが不足し、身体に変調を来たすか、精神的にやや偏りが生じてしまいます。
一種の女神信仰はその代償的な産物なのかもしれません。

話を戻しますが、共感現象が極端に現れる体質の持ち主の場合、どのように対処するか?それぞれ工夫をされているようですが、ボクはそのまま受け入れるより他ないと思うのです。

もともと癒しとは同苦するということでもあり、分かち合う、ということでもあります。そこには理屈や技法を超えた精神的な触れ合いがあるはずなので、むしろその感覚を大事にしていくことが肝要でしょう。

経験を積むとうまくコントロールできるようになるものです。


« 歪み | トップページ | 愛と寛容 »

リフレパシー随想」カテゴリの記事