« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

纏足(てんそく)

(一)

纏足には興味がありました。
遡れば、昔々パールバックの「大地」という小説を読んで以来かな。

なんだってわざわざ、まともに歩けないほど、足を小さくする必要がある?
美人の条件?なんておバカな話なんだろ。
まあ、興味と言ってもそんな程度の認識ではありましたけど。

昨日、受講生の方に「纏足」(小学館文庫)という小説をお借りして、あまりにも面白くて、一晩で読んだのです。

作者はフウ・キサイ(漢字変換できません)日本での初版は1988年だそうです。
知らなかった・・・こんな小説があるなんて・・・

この時期、中国でこんな小説発表したら、大変だったろうな、と思ったら案の定、結構、作者は批判にさらされたらしい。
なにせ、纏足は中国の文化的恥部ですからね。

それにしても、纏足については、この小説一冊あれば相当な通なれることは間違いないですよ(別に通になる必要もないか)。
注意深く読めば纏足のやり方まで分かってしまうくらいです。

この「纏足」という小説。興味本位で読み始めたのですけど、色んな意味で考えさせられますよ。「ローマ人の物語」のような読後感があります。

ある種のせつなさ、悠久たる歴史への憧憬、移ろいゆく時代の変化、その狭間の中で翻弄される人間達、とまあ、カッコ良く言えばそんな感じです。

俗なことをいえばフェチの極限も描写されていて実に興味深い。
簡単に言えば、元祖足フェチなんですけど、全く理解できなかった分野でしたが、男共が大真面目に纏足の薀蓄を語ってたりしてね。

醜悪の極みかと思いますが、さすが中国四千年。全く厭らしさがない。
というか、たかが纏足鑑賞くらいで、ほとんど学問の域に達しているのは笑えます。

なるほど、纏足の歴史にはこうした鑑賞能力がある男共の薀蓄もあずかっているところ大だったんだなぁ、とか思います。

最近、読んだ本の中では出色です。
足揉みを生業にしている者としては興味の尽きないこと請け合い、です。

はたと思い至りますもの。
なんで正当中国医学は足を無視してきたか・・・
無視したんじゃなくて、出来なかったんですねぇ。

纏足女性に足の施術は無理ですわ。
纏足していない女性もそれが引け目で足は見せられないですもの。
機会がれば是非読んで見てください。

(二)

“皆さんも是非読んでみて下さい”で結びました。
しかし、実際、わざわざ買い求めて読む方は少ないと思いますから、かいつまんで面白いと思ったところを説明しますね。

よく小生も使いますけど「絶品」という言葉があるじゃないですか。
ここのツクネは絶品ですよ~とか。
この「絶品」という言葉、もともとは素晴らしい書画に対する評価ランクの一つなんですって。

全部で四つのランクがありましてね。
下から言うと、

「佳品」(カヒン)
「絶品」(ゼッピン)
「神品」(シンピン)
「逸品」(イッピン)

こんなこと知らずに使っていました。
「絶品」よりまだ上があったとはねぇ。

逸品もよく使いますよね。これが最高ランクなんて知っていました?
同じイッピンでも一品のほうが一般的かな。天下一品とかね。

でもこれは和製漢語。
意味はよく分かります。「天下に並ぶものなし、ただ一つの品」ですから。

しかし正式な評価基準の漢語は「逸品」が正しいわけです。
「もはや、書画とは呼べない何か。書画の分類から逸脱している品」という意味なんでしょう。

日本では余程、漢学の素養がないと使わないのですが、「佳品」という言い方はありますね。

時々、俳句の選評欄で見かける言葉です。これはどちらかというと「佳品」より「佳作」の方が一般的です。今度「佳品」という言葉を見つけたら、ほう~と感心しましょう。

「神品」が序列第2位というのは意外ですね。纏足の登場人物もこの「神品」こそ最上位にすべきだと言っています。

ただし「神品」というのは「神が創った品」という意味ではありません。
「その技、神(しん)に入り・・・」ということなんです。中国思想には唯一絶対神という概念はありません。だから、キリスト教的な解釈だと意味を取り違えてしまいます。

あくまでも人間が作って、その技術に神がかり的な何かがある、という意味です。
そういう意味でも「逸品」のほうが、人間以外の何かが創ったということを暗示しているのかもしれません。「逸品」が最上位に置かれるわけです。

「絶品」はこんな作品は絶えてもう二度と出ないだろう、つまり絶後という意味。
これも相当な誉め言葉だと思いますが、序列3位ですもんね。

先生の施術は絶品です、と言われても、そうか三番目か・・・と益々修行に励まなきゃいけません。

というわけで妙なところで感動してしまいました。

しかし、たかが纏足を愛でるというだけで、こんなことまで持ち出さなくていいだろうに・・と思うのですが、そうではないんです。

纏足評価のことを「蓮学」といって、ある女性の纏足を評価するのに、相当な素養というか、周辺知識というか、所謂「学」がないとダメだったみたいですよ。

「蓮学」の道に通じた、なんていわれると、男としては非常に栄誉なことだったらしいのです。纏足という摩訶不思議な奇習が一千年以上も続いた背景には、こうした評価者の地位が高かったというのも理由の一つなんでしょうね。

何でも「学」にすりゃ良いっていうものじゃないでしょうに。現代で言えば、「巨乳学」もありになって、フェチは全て学問になってしまいかねません。

ところで、日本は歴史上、中国文化、制度に学ぶところ大でしたが、この纏足と宦官制度、そして科挙制度だけは頑として取り入れませんでした。

かと言って、「お歯黒」という超気持ち悪い、かつ健康を害する奇習を独自に発展させたのですから、あんまり他所の国の文化を笑えた義理じゃありません。

(お歯黒と纏足、どちらが健康に悪いか。確たる証拠はないのですが、平均寿命で言えばお歯黒のほうが、分が悪いようです。纏足してお歯黒すれば史上最強であることは言うまでもありませんが、歴史上、そういう人物がいないのは残念というか幸いというか・・・)

ヨーロッパのコルセットでウエストを40センチに縮ませて、纏足して、お歯黒して、日本の帯で横隔膜を締め付けると、昔流の美人が出来上がります。

さらに首にワッカを何重にもはめて首を長くし、下唇をこれもまたビローンとワッカで伸ばし、ついでに耳たぶを20センチほど長くすれば世界基準で美人です。

身近な女性で想像してみてください。決してソバにいてほしいとは思わないはずですから。

ではこんなのはどうでしょう。
補正下着でビチビチに締め付け、タイトなスーツを身に付けます。耳に穴を空け、シックなピアスを通し、さらに10センチはあるピンヒールでまとめます。
(とどめは化学薬品で染めたややブロンドがかったヘアー)
百年後、人々は眼を背けるかも知れません。

他所の国の人のことも昔の人のことも言えた義理じゃありません。
美人の基準の変わりようは人間の感性の七不思議の一つですよね。

肝腎要(かんじんかなめ)

肝機能に異常数値が出たとき、すでに肝臓の80%は機能していないのだそうです。
腎臓に異常数値が出たとき、すでに50%は機能していません。

ただし両者に違いがあります。
肝臓の場合は再生力が非常に強いので、節制することによって、元に戻ることが多い。それに対して腎臓は再生力がない。つまり、そのままか、悪くなる一方か、まあ、どちらかです。

先日、テレビで腎臓に関する実に興味深い特集をしていたそうです。
残念ながら小生は見逃してしまいました。

観た人の話によると、腎機能低下と診断された人の病気の発症率、5年以内に脳卒中、心筋梗塞が発症する割合24%、腎不全が1%とのこと。

これは実に興味深い事実。
東洋医学での「腎」は非常に広い概念を含んでいて、単に「腎臓」という臓器を指すものではないということはご存知のことと思います。

腎機能が低下することによって起きる症候群を示した概念だと言えなくもないわけです。
期せずして、それが証明されたような統計ではないでしょうか。

腎機能低下は動脈硬化を加速させます。
それによって血管系の疾病がおきやすくなるのでしょう。

東洋医学での見解は、先に「肝」に邪気がたまり、邪気が内向し、深くなると「腎」に移行してくるとしています。
これもなんとなく分かりませんか?

一般論としては述べたように肝臓には強い再生力がありますから、肝炎に罹っているとか、無防備なライフスタイルを送らない限り、大事には至りません。

ところが腎臓は実に治りづらい、しかも、一見、腎臓とは関係がないような血管系の疾病リスクが高くなるわけでしょ。
どちらの病が深いか?

あくまで一般論ですが、腎臓であることは明白です。
そういう意味で邪気の内向度で言えば、「腎」のランクが高くなるわけです。

現在、日本には治療を要するほどに機能が低下している腎疾患者は500万人いると推定されています。ところがこのほとんどが本人も気づかず、治療はもとより、節制すらしていないのです。これだも、脳卒中や心筋梗塞が減らないはずですね。

国民皆保険制度がある日本においてさえ、そうなんですよ。ましていわんや他国においてをや。

肝臓も腎臓もその機能の相当部分を失わない限り、自覚、他覚症状が出ない、という意味でも肝腎は要なのでした。

そして面白いことに省略系の古典経絡では両者(肝経、腎経)とも足に走行しているとしていますね。

さらに腎経に至っては唯一、足裏に配当させています。
正穴では「湧泉」一箇所。

鍼をこんなところに打つことはまずないわけですから、ここは手技を使ったものかと思われます。

いずれにしても、肝腎の要が省略形においてさえも足に走行を認めたという古人の知恵を生かさない手はありません。

結局、肝腎が要であるならば、足もまた肝腎の要なのですから。

※現在、肝心と表記することが多くなっていますが、もともとは肝腎と書きました。
誤記する人が多いため、肝心も有りだということになって、さらに、標準的には肝心にしようと決めたようです。繰り返しますが、本来は肝腎が正しいのです。

悪性リンパ腫

先日、腎臓病が専門である内科のドクターがクライアントとして来られました。

人工透析の草分けといいますか、その道の権威といいますか、随分と長く医師として活躍してきたようです。

今は引退し、悠々自適の様子。
大きな透析センターの院長を歴任されたそうで、偉ぶらず、穏やかな人柄の良い先生です。

紹介者の話によると、患者さんからの人気も高く、引退した今でも前の患者さんから頼りにされているとのこと。

なるほど、さもありなん!という感じの紳士なのでした。

その先生の奥様が最近、悪性リンパ腫に罹り、その顛末を教えてくれる機会を得たのですが、ドクターであるその先生が驚いたという話です。

「僕の若い頃は悪性リンパ腫なんてのは不治の病の典型でね、もうそれに罹ってしまったら命はないものと諦めなければならなかったのですよ。しかし、今は違うんですねぇ。驚きましたよ。ここ5年くらいで治療法が劇的に変わって、もう治る病気になっているんです」

「はあ、そうなんですか」

「そう、治癒率が95%ですよ、人間60歳にもなると、なんの病気がなくとも5年以内に死ぬ確率は5%くらいはありますから、95%なんていうのは、ほぼ全治する病気と言っても過言ではないねぇ」

「そりゃ凄い!どういう具合に治療法が変わったんですか」

「数種の抗がん剤と免疫療法でね、組み合わせをするようですね」

「新薬ですか?」

「まあ新薬といえば新薬です、ここ5年くらいの話だそうです。幸い、保険が利く治療法になったのですが、保険適用の薬の中では一番高いんじゃないかな。保険が利いても一回あたりの治療費が8万5千円もかかってビックリしました。保険が利かなかったら30万ですよ」

「結構しますねぇ。命には代えられないですけど」

「まあ、そうです。それにしてもこの療法は面白い性質を持っていましてね、悪性度が高いほどよく効く。妻は2番目に悪性度が高くてね。これはラッキーだなんて・・変な話ではありますね」

「お元気になられたのですか?」

「お陰さまで・・今のところガンは完全に消えています」

概略ですが、小生との間に以上のような会話が交わされました。
医師でさえ、専門が違うと最新医療の現状を知る機会というものはありません。
(勿論、この先生、腎臓病に関しては最新中の最新医療を知っているのでしょうけど)

ましてや素人はその病気にでも罹らない限り、治療法の劇的な変化を知る機会など滅多にあるものではないでしょう。

我々自然療法家が訴えられ、裁判に負けるケースを精査してみると、基本的には、正規の医療を受けさせる機会を奪ったという理由が多いものです。

技法や考え方が違法であると判断されたケースはないはずです。
(当たり前ですけど)

いくら医療不信があるとは言え、全ての病気についての最新知識を持っているわけではないはずですから、専門医の受診を薦めることは当然として、自身もアンテナをはって、知識の向上を図らねばなりません。

クライアントの医療不信に乗じて、いたずらに施術を長引かせることは厳に慎まねばならないわけです。
専門医にかかった上で良き相談役という役割もまた担う必要がある所以です。

しかし5年前というと、小生はもうすでに麻布に来ていました。
ほんのちょっと前という感覚です。5年前なら助からないものが、今なら楽に助かるというのも凄い話です。

この仕事に関わってから悪性リンパ腫で亡くなった方が4人います。
そのうち一人はまだ子供が生まれたばかりという青年でした。
あ~今なら・・・と思い起こしました。

直接、施術し接しているだけに悔しい思いもするのですが、「寿命とは天命である」とは蓋し至言ではあります。

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »