« 纏足(てんそく) | トップページ | スカルプ施術 »

按腹

         003            
按腹は安福と音が同じでとても縁起が良い。(因みにアンプクと発音します)

そのせいか知りませんが、最初の系統だった文献は江戸時代に太田晋斎という人が著した「按腹図解」というもの。

按腹で安福!という願いが込めれらていたような気がしないでもないです。

この太田晋斎という人、日頃、賤技と卑しんでいた按摩を見直す機会がありました。ありがちなストーリーですが、この人自身が病気になってしまったんですね。

あらゆる医者にかかり、あらゆる方法を試してみたのですが、一向に治る気配がありません。

そこで藁をもすがる思いでもあったのか、按腹を継続して行ったところ、あ~ら、不思議、完治してしまいました。

すでに江戸時代は近代按摩の時代に入っていましてね。所謂、曲技曲手と呼ばれる技巧の限りを尽くした手の動きをするものに変形しておりました。 

これを晋斎は自身の経験から治病には何の役にも立たないと退けたのです。
そこで有名な「女子供でもできる単純推圧にかえれ」という名言が生まれるわけです。

実際、彼が行ったのは単純推圧が中心で、その啓蒙書ということで按腹図解が作られたわけです。単純推圧にかえれ、というぐらいですから、かつての古方按摩は単純推圧中心であったということが分かる貴重な文献でもあります。

手技法の中ではすでに用いられなくなった単純推圧ですが、漢方家は診断のために普通にお腹を単純推圧して処方の手がかりにしておりました。それを手技そのものの技法として復活させた功績はやはり大田晋斎に拠る所が大きいと思います。

これが後々大きな影響を与えましてね。按摩といえば、按腹、別名「腹とり」などとも言われ、簡便な治病法として広まることになりました。

しかし、時代は大きく動くことになります。維新の混乱や医制の改革などで埋没していくわけです。漢方医そのものまで廃止されたわけですから、按腹を行う医者など存在し得るはずもなく、細々と民間療法の中で生き残っていきました。

その民間療法の中で異彩を放つのが玉井天碧という人物です。彼は指圧という言葉を最初に造語しただけではなく、彼ほど、その体系の中で按腹を重視した治療家は他にいないのだとか。

当時の手技療法家で、直接間接を問わず、玉井天碧の影響を受けなかった者はいないとも言われておりますから、按腹再復活の立役者だったのかもしれません。

昔は家で一人でも病人が出るとその家の没落を意味するほど、経済的負担が大きいものでした。ですから、民間療法は何も物好きがするのではなく、切実なニーズとして求められていたのです。

現在、我々は国民皆保険制度の中で、最先端医療を誰でも受けられる立場にあります。こうした現代人からは分かりづらいものですが、家庭で行われる民間療法は今とは比較にならないほど、重要な地位を占めていたわけです。

しかし、これも時代の流れで、按摩などの手技法が治病効果を期待するものではないという考え方もごく普通に受けとめられ、そのニーズは変化していくわけです。

所謂、ストレス解消、肩こり改善くらいの認識です。
病気を手技で治すなどという考え自体がマニアックになった結果、結局、曲技曲手の昔に逆戻り。按腹など業者の間では見向きもされないという現代の状況になり、今に至っているのです。

業者のせいばかりではなく、一般の人のニーズも関係するわけですから、時代の変化としか言いようのないものです。

しかし、時代はさらに変化しつつあります。医療保険の破綻は早晩来ますし、事実、保険金負担は増え、格差社会と相まって国民保険にさえ入れない人が物凄い勢いで増えています。アメリカの悲劇が今日本で起こりつつあるのですから、恐ろしい時代に入ったものです。

病院外来に来る患者さんの9割は病院に来る必要がない人たちと言われています。
この9割の人のために本当に医療が必要な人達が犠牲になっているという現実は将来の日本を暗示していて暗澹たる気分にさせてくれます。

そこで思うわけ。
もう一度、按腹習慣を復活させれば、医療費削減は勿論、健康寿命も延びて、健全な皆保険制度が担保されるのではないかな、と。

現在の長命化は健康寿命とは対極にあるものだと思いますよ。70歳で倒れて87歳まで生きたとしても、17年間寝たきりであれば、どうでしょうか?

統計上は87歳まで生きたと処理されますが、これを単純に長命であったと喜んで良いものでしょうかね。

こんにち、アルツハイマー、ウツ、依存症など精神、若しくは「脳」の働きに関わる病気が猛烈な勢いで増え続けております。
アメリカでは合計1億2000万人がこれらの病気で苦しんでいるのとのこと。
(なんと国民の三分の一強!)

ウソだろ!と思うのですが、ブッシュ元大統領はアル中でしたし、ジム・キャリーも重度のうつ病に苦しんでいるとカミングアウトしました。
(レーガンもチャールトン・ヘストンもアルツハイマーでしたしね)

有名人はあまりそういうことを公表したがりませんから、氷山の一角と見るべきでしょう。
アメリカのあの異常なほどのカウンセリングセラピー流行はなんとなく理解できなくもありません。

有名な分析医ですと、1時間300ドル、普通でも100ドルが相場だそうです。それでもクライアントに苦労しないほど盛況なのですから、ある意味、宗教的な懺悔の習慣があるアメリカならではなのかな、と思ってしまいます。

私見を言うなら、これほど増えた要因として一つ挙げられるのは内臓の負担が増えたということでしょう。飽食と栄養バランスの偏り、それらによる内臓負担の増大。行き着くところは内臓疾患ということになるのですが、たまたま内臓が丈夫な人は違うところに症状が出てしまいます。

なにせ、発生学的に「腸は脳の母」なのですから。
(この場合の腸はそこから派生するところの内臓器を全て含みます)

内臓の機能低下は脳の機能低下を生む・・・逆じゃありませんか?という反論もあるでしょう。

確かに子の問題で母がオカシクなってしまうこともあります。しかし、母がオカシイお陰で子供がオカシクなる例だって一般的でしょう。

ましてや各臓腑に脳の機能を配当した東洋医学では、精神疾患でさえ臓腑の異常と捉えるのを何の矛盾もないことと考えるわけです。
東洋医学は元祖ホリスティック医学ですからね。

だから按腹を習慣化すれば良い。
勿論、自分でやるより他人にやってもらうほうが何倍も効きます。しかし、やらないよりやったほうがいいですから、家族がやってくれないなら、自分でやるしかありません。そしてタマにプロにやってもらえば良いわけ。

足のセルフケアーよりも短時間で済み、かつ疲れません。
(足のセルフケアー習慣もいいのですが、身体が硬いと疲れてしまいます。結局、長続きしないのでセルフケアー機器の購入ということになるのですが、機械的なフリクション刺激は皮膚を厚くしてしまうので、毎日するのは如何なものか、と思います)

舶来のものを有難がるのもいいのですが、按腹のように日本で見出され、日本で独自に発展し、日本人の証にあった療法を見直すべきだと思いますねぇ。

その効果が広まってくるとまた言われますよ。
「按腹はもともと中国起源のものであって、日本人は真似したに過ぎない」とか、「按腹は我が朝鮮半島より起こり・・」とかね。

それを聞いた一般の人は、なるほどそうか・・と納得するに違いありません。
なにせ、「演歌の故郷は朝鮮である」という妄説を簡単に信じちゃう国民ですから。

良いものならどこが起源であっても構わないのですが、日本人ならもう少し日本という国に誇りを持てないものかなぁ、と思うわけですよ。

少なくとも、按腹を取り入れる業者は、それを「中国から古く伝わる秘伝」とかウソ八百並べて権威付けするようなことがないように願いたいものです。

※按腹は腹証と同義だと思って頂いてよろしいかと思います。腹証は「証」の字が入るように診断技術を含むニュアンスですが、按腹はお腹の施術そのものを表現したものです。施術を行っている外見上の違いは全くありません。

« 纏足(てんそく) | トップページ | スカルプ施術 »

ボディ・マニピュレーション系記事」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。