« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

非線形機序と線形機序

難しい表現ですが、施術家なら一度は疑問に持つものです。

例えば、リフレ系の施術者は身体の歪みをあまり問題にしませんね。
また、歪んでいることが分かっても、その歪んでいる部位に直接アプローチすることもありません。あくまで、足の反射機序のみを考えて施術するわけです。

対して、カイロ系の古典的な考え方は背骨の歪みを問題にします。
一番頚椎がズレているとか、4番腰椎が後方転位しているとか・・・

前者を非線形機序といい、後者を線形機序といいます。

まあ、要するに身体の歪みを問題にし、直接的にアプローチするかしないか?ということなのです。

非線形論者は別に身体の歪みが直らなくとも、症状は改善するし、治りますわよ、ということを経験から分かって、それなりに納得しているわけです。

線形論者は身体を調べていくうちに、ホラッ!ここが歪んでる!これが原因なんだな、とそこを矯正する施術をして効果を出すわけです。

どっちの考え方が正しくてどちらが間違っているか?
この問いは基本的に意味がありません。

歪んでいてもうまく適応している場合もありますし、適応できず、訴に至ることもあります。千差万別なのです。

ここで重要なのは「エネルギーブロック」という考え方だと思うわけです。
特に歪みが検出されずとも、何らかの原因でブロックされている場合もありますし、歪みそのものがブロックの原因になっていることもあります。

また歪みが矯正されなくともブロックが解除され、流れが回復することもありますし、歪みが解消されてはじめてブロックが解除されることもあります。

ですから、どちらの考え方でも治る場合があるわけで、何が何でもこの歪みをまっすぐにしなきゃいけない、とドグマに陥る必要はありません。
だからと言って、歪みを全く無視するのも守備範囲を狭くするだけです。

中庸とはよく言ったもので、少なくとも施術者はリベラルな考え方をしなきゃいけないのです。整体は宗教じゃないんですから。

中には自分の方法を宗教の教義みたいに考えているような人達もいますが、心ある人たちからは軽蔑されていることを知るべきでしょう。

いずれにしても線形的に治癒する場合も、非線形的に治癒する場合もあって、その共通項はエネルギーブロックが解除されるかどうか、だということです。

※「エネルギーブロック」「組織拘束」「トラウマ」「経絡の虚実」「気の滞り」「血流、リンパ流の悪さ」場合によっては「トリガーポイント」・・・結局は言葉を変えているだけで同じようなことを言っています。最終的には繋がっていくわけですから。

脱臼と亜脱臼

脱臼は捻挫の酷いもので、関節そのものが外れてしまう病態です。

関節のつき方が甘い肩関節で起きやすいやすいのはご承知のとおりです。
或いは幼児のころの股関節とか・・・
これも整体適応ではなく、しかるべき専門家に治してもらより他ありません。

ただ、脱臼癖がついてそれ以降、外れやすくなるようです。
かつての横綱-千代の富士がこれに苦しめられたのは有名な話ではあります。

この脱臼癖を治すべく、筋トレに励み、かえってパワーが増し、横綱まで登りつめたのですから、何が幸いするか分かりません。

ところで、整体、特にカイロ系では亜脱臼という概念があります。
亜美之介の「亜」がついている脱臼ですから、字句とおり解釈すれば(脱臼までは至らないが、脱臼しかけている状態)ともいえましょうか。
(熱帯までには至らないが、熱帯にやや近い気候)の地域を「亜熱帯」というのと同じ。

東京の夏はもはや亜熱帯に近くなりました。「亜・亜熱帯」という言葉を作らなきゃいけないかも知れませんね。ー余談です

さておき、HP等で何度か述べているように亜脱臼という訳語自体が誤解を招く語感だと思いますね。現在はあまり使われなくなったのは幸いです。

関節構造体における組織拘束、エネルギーブロックと考えたほうが、何故、スラスト系の技法が有効なのか、理解できるのではないかと思います。

ホントにその関節構造体が組織拘束を起こしている場合、ポキっと鳴った瞬間に衝撃波によりブロックが外され、「気」がスーッと通ることがありまして、このときの効き方というのは頓服的です。

これに味をしめると止められなくなるのですが、いつも狙い通りの部位に当てることはできません。また原因が関節構造体ではない場合もあります。
ですから、なんでも鳴らすのは危険、有害でさえあるのです。

鳴らすことを意識せず、押圧、伸展の中で自然にポキッと鳴るのは無理な力が加わっておりませんから、これは安全です。頚椎や肩関節、場合によっては股関節でそのような現象に遭遇すること度々で、それこそ亜脱臼(関節構造体のブロック)が解消された証しともいえるでしょう。

捻挫

捻挫もまた整体適応ではありませんね。

やってしまったときは、アイシングをして、固定(テーピング、サポーターなど)し、運動を控えるより他ありません。

問題は骨折のときと同じように治ったあとです。
関節組織がうまく修復されているなら大きな問題になることはありません。しかし、中途半端に治ってしまった場合、ある意味、骨折よりもその肉体的トラウマは固着し、除去しづらいものです。

特に、微妙な関節のズレが伴う場合は歪みの応力転位が発生しやすく、後々、思ってもみなかった愁訴に悩まされることになります。

この場合、当人は因果関係を実感することが出来ません。その事実を忘れるくらいのタイムスパンがあるからです。

この関節の微妙なズレと固着したトラウマ除去が整体の適応となるわけです。

捻挫で一番多いのは、下半身、特に足首であることに異論はないはず。
小生等の施術法方法は足を重点とするものですから、様々な技法を用い、これらの除去を行うことができるのは幸いです。

足首の捻挫は基本的に足関節(距腿関節)に起きることが多いものですが、その影響は距骨下関節や立方骨に及んでいる場合が多く、足首回し程度では全く除去できません。

ただでさえ、足周辺のトラブルは多いわけですから、折角、足に触る施術をするのに、これらの除去をせずしては実に勿体ない。

男性はスポーツなどで傷めていることが多いですし、女性のハイヒール常用者などは慢性捻挫を招くと言っても良いくらいアキレス腱が短くなっていて、ほとんど人が適応症ではないかと思えるくらい。

また、捻挫によってトリガーポイントが形成され、それが活性化することによって、いつまでも痛みが持続することがあります。このような場合は当然ながらトリガー処理を行わねば、改善が極端に遅くなります。

このように捻挫の予後は意外にも厄介な問題を抱えさせてしまうことにもなりかねません。
炎症が落ち着き、ひと段落着いたところで、早めの整体対応が望ましいと思います。

※理論的には関節のあるところ、全て捻挫の可能性があります。ぎっくり腰の一種。ムチ打ち症・・・など病態としては捻挫の一種です。

骨折

骨折は整体適応ではありません(当たり前ですね)。
骨折してしまったら、しかるべき専門家のところへ行って、しかるべき処置をしてもらうより他ないのです。

しかし、随分前に骨折が治ったあとのいわば骨折痕とも言うべきものが、微妙なエネルギーブロックを招いてしまって、それが故に愁訴の原因になり得る、ということをフルフォード博士の見解で知りました。

それ以来、注意深く、骨折経験者の身体を観察したり、愁訴の分析をしてきましたが、大いにあり得ることだと確信しております。

ある人などは、右足脛骨の骨折痕から、胸部リンパのブロックを招いて訴に至ったものだろう、と思えることもありました。(病名は乳癌ですが)

ところが、手技でその骨折痕を整復するのはとても難しいのです。
骨折自体はすでに治っているわけですし。

押してもダメ。オイルマッサージでもブロック解放の実感が湧きません。
また、何故かそこを刺激すると痛がる人も多くて手をつけられない場合もあるわけです。

そこで、大枚を叩いて音波マッサージャーを買い、しばらく当てていたら、ある種のブロック除去を感じ取ることが出来ました。
手技法とは言いますが、場合によっては道具を用いることも必要だなと痛感した次第。

一つ解決したかな、と思ったのですが、未だ難しい骨折痕もあります。
それは手術によってボルトを入れた場合です。

これは筋筋膜まで切断され(手術によって)、ブロックが骨のみならず軟部組織と合併されている状態なのです。

これには手を焼きますねぇ。悪い意味で相乗効果を発揮しているわけですから。
まあ、時間がかかります。

複雑骨折の場合は仕方ありませんが、なるべくならボルトなど入れず、昔ながらの方法で骨折を治してほしいものだな、と思う昨今です。

失体感症

かつて、小生が雇われ講師だった頃、今考えれば信じられないくらい働いていました。
朝の7時か、8時には会議があって、それから、通常業務に戻って遅いときには夜の10時に授業が終わったりと・・・・

札幌への日帰り出張など普通でしてね。ある時などは午前中普通に仕事をして、昼過ぎ、札幌へ飛んで、そこで授業を行なったと思ったら、その日のうちに福岡行きの飛行機に乗っていました。

福岡に着いてビジネスホテルで一泊。次の早朝にはすでに福岡で仕事をして、その日のうちに新幹線で大阪入り。大阪で仕事をして、さらにその日のうちに仙台へ。仙台で仕事をしたら、その日の夜にもう帰京です。次の日は東京で普通に仕事。一泊2日で札幌、福岡、大阪、仙台に出張ですよ~。(交通機関の発達は凄いと感心もしますけど)

そんなことを休日なしの連続47日間稼動を敢行したこともありました。
勤めていた会社のオーナーさん、それを聞いて「君の仕事はプロじゃない、プロは自分で休みを作り出すんだ!」とエラク怒られてしまいました。

(自分が動かないと全体が回らないんだよ!)と心の中で思いつつも、それを言ったら左遷されてしまいます。

「はい、すみません・・・・」となんで人より働いて謝らなきゃいかんのだ。
(残業代も休日出勤手当てもないのですから、それを目当てで働いたわけではありません)中小企業労働者の悲哀を一身に感じておりました。

言うまでもなく、これは疲れますよ~。身体が鉛のように重くなって、もう限界だぁ、という感じになります。ところが、これが慣れてくると、まあ、普通に感じる。

実は身体が慣れてくるんじゃなくて「失体感症」という状態になるのです。
これは結構怖い状態でしてね。

フルフォード博士の著作の中に「東海岸と西海岸を常に往復するようなビジネスマンが60歳を過ぎて健康であるならば、幸運と言わねばならない」と一節があります。

アメリカは国内でも時差がありますから、余計に身体のリズムが狂うのでしょう。
こんな生活を続けていると、疲れるのですが、しかし、慣れてきます。ここに落とし穴があって、大半の過労働ビジネスマンは「失体感症」に陥っているのです。

本来、疲れるというのは休息しろ!という身体のシグナルです。そのシグナルを無視して過剰労働していると、もう身体もシグナルを出すのを止めてしまうわけですね。

実際、小生、血圧はマックスまで上がってきていたのにもかかわらず、それでも無理が出来るわけですよ。
そして、最後、前触れなしに破綻します。

このような「失体感症」は男性に多く、突然死が多い理由の一つでもあります。
疲れがピークを超えると、むしろハイな状態にもなりますわね。
ランナーズ・ハイのようなものかな。ワーカーズ・ハイとでもいうのでしょうか。

まあ、若かったからもったようなもので、今なら絶対に無理でしょう。
疲れがピークに達する前に死んでしまうかもしれません。

外食産業などの名ばかり管理職(店長)が若くして過労で亡くなるケースが増えてきて問題になりましたね。
あるテレビ番組で特集をやっていましたが、それはもう酷い過酷な勤務状態です。

勤務時間の長さと休日のなさではかつての小生のある時期に匹敵します。しかし、小生よりもはるかにその状態が長く続いています(小生がホントに過酷だった期間は半年くらいでしたから)

店長をこんな状態に置かないとやっていけないという事業そのものに無理があるんじゃないか、と思いました。

今でもそういう状態で働いている人たちがいるんでしょう。
本格的な格差社会ですね。
事故米を平気で売りつけて、高級外車を乗り回す奴もいるというのに。

それはさておき、失体感症に陥っている人たちも何人か来院されたことがあります。
(勿論、男性ですけど)
そういう人達って、身体をほぐして一時しのぎを求めてくるわけですから、こちらとしては単なるマッサージ屋みたいな感じでやらねばなりません。

これはツライ。そういうことをしたくないので、まともに施術をするでしょ。
すると、その人自身の本来持っている疲れがドッと出て、もう来なくなります。所謂、瞑眩反応というもの。

あるとき、「失体感症」の概念からフルフォード博士の言葉まで引用して、微に入り細に入り、説明したこともありました。
大きなお世話だ!みたいな顔されて、やはり、2度と来なくなりました。

作家の五木寛之氏が「世の中には縁なき人々というのもいて、そういう人に巡り合っても気にすることはないのだ」という言葉を何かの著作で述べているのを覚えています。
まあ、そう考えるしかないですねぇ。

「失体感症」に陥り、その生活習慣を一向に変えない一群の人々。自分の身体が破綻してしまうのは時間の問題です。

※自分自身が倒れてみて、決してスペシャルな存在などいないと痛感しました。無理を重ねた分、きっちりとその代償を身体で払わねばなりません。それが個人の体質によって早いか遅いかだけの話です。

足ゆびと頭蓋骨

頭蓋-仙骨療法の中に異端ともいうべき考え方があります。
足趾と頭蓋骨のそれぞれの骨が対応していると。

これは経絡原理ではないですねぇ。
強いて言えば、全息胚原理に近いのではないでしょうか。

かといってリフレクソロジーのように秩序だった配当がなされているわけでもありませんから、経験則的な部分がかなり含まるのでしょう。

オステでは異端の考え方ですが、小生、人様の足ばかりを診てきた経験から述べさせて頂きますと、かなり当たっているような気がします。

例えば小趾が蝶形骨と対応しているとしていますが、これはピッタシという感じ。

現代人は小趾の関節が癒着しやすいライフスタイルを持っています。(靴生活)
場合によってはPIP関節、DIP関節まで癒着し全く伸びない趾の方もいらっしゃいます。

ところが同じように屈曲し、見かけ上は癒着しているように見えても施術者が伸ばしてみると癒着がなく、スンナリと伸びる場合もあるわけ。

ここにライフスタイルだけの問題じゃない何かがあって、探求の余地が出てきます。
一応、小趾は膀胱経に配当されますので、それらに関連する内臓的問題、或いは経絡そのものの問題も考えられるのですが、それ以外に考えるとすれば蝶形骨になるのかなぁ、と。

蝶形骨というのは後頭骨と共に屈曲と伸展の自律的リズムを刻む骨です。
ある意味、後頭骨と連動して閉じたり開いたりしているのですが、この異常は結構多くて、それにより様々な愁訴を生み出しております。

足を良く診て、全身そして頭蓋を診る施術者だけが分かる、関係性といいましょうか、直感的な判断が働くとでもいいましょうか、うまく説明できませんけど、(はは~、なるほどねぇ)という類の理解になるのです。

これはどうしようもないものです。理論的な説明ができないのですから。
理論的な説明が出来ないが故に異端なのでしょうが、そんなこと言ったら、ほとんどの自然療法が異端になってしまいます。
ここは経験者の言うことを信じて貰うより他ありません。

しかし、謎なのはこれを最初に発見した人は一体どういうことで分かったのでしょうか?
足も頭も診るオステオパスであることは間違いないでしょうけど。
世間は広い、エライ人がたくさんいるものです。

その他、母趾と後頭骨二趾と篩骨三趾と頬骨・・・などなど。
二趾と三趾は実感が湧きませんが、母趾と後頭骨は(なるほど、確かになぁ)と思ったものです。

足趾重点ということになると、柴田式足心道の専売特許みたいなものですが、柴田式は頭蓋骨との関係を全く考慮に入れていません。
経絡とはまた違う別の機序を探るのも一興ではありますね。
(勿論、経絡機序も働きますよ。同一操作が別々の機序を同時に働かせることはお馴染みの現象ですから)

まあ、これは文章で述べては、あまりにも煩雑ですし、また本格的な探求には相当な時間がかかりますから、あくまで参考のレベルで留めおくのが賢明かと思います。

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »