« 骨折 | トップページ | 脱臼と亜脱臼 »

捻挫

捻挫もまた整体適応ではありませんね。

やってしまったときは、アイシングをして、固定(テーピング、サポーターなど)し、運動を控えるより他ありません。

問題は骨折のときと同じように治ったあとです。
関節組織がうまく修復されているなら大きな問題になることはありません。しかし、中途半端に治ってしまった場合、ある意味、骨折よりもその肉体的トラウマは固着し、除去しづらいものです。

特に、微妙な関節のズレが伴う場合は歪みの応力転位が発生しやすく、後々、思ってもみなかった愁訴に悩まされることになります。

この場合、当人は因果関係を実感することが出来ません。その事実を忘れるくらいのタイムスパンがあるからです。

この関節の微妙なズレと固着したトラウマ除去が整体の適応となるわけです。

捻挫で一番多いのは、下半身、特に足首であることに異論はないはず。
小生等の施術法方法は足を重点とするものですから、様々な技法を用い、これらの除去を行うことができるのは幸いです。

足首の捻挫は基本的に足関節(距腿関節)に起きることが多いものですが、その影響は距骨下関節や立方骨に及んでいる場合が多く、足首回し程度では全く除去できません。

ただでさえ、足周辺のトラブルは多いわけですから、折角、足に触る施術をするのに、これらの除去をせずしては実に勿体ない。

男性はスポーツなどで傷めていることが多いですし、女性のハイヒール常用者などは慢性捻挫を招くと言っても良いくらいアキレス腱が短くなっていて、ほとんど人が適応症ではないかと思えるくらい。

また、捻挫によってトリガーポイントが形成され、それが活性化することによって、いつまでも痛みが持続することがあります。このような場合は当然ながらトリガー処理を行わねば、改善が極端に遅くなります。

このように捻挫の予後は意外にも厄介な問題を抱えさせてしまうことにもなりかねません。
炎症が落ち着き、ひと段落着いたところで、早めの整体対応が望ましいと思います。

※理論的には関節のあるところ、全て捻挫の可能性があります。ぎっくり腰の一種。ムチ打ち症・・・など病態としては捻挫の一種です。

« 骨折 | トップページ | 脱臼と亜脱臼 »

リフレパシー随想」カテゴリの記事