« 天応穴(てんおうけつ) | トップページ | 頭部施術における経絡説 »

風邪と経絡実感

首すじに限らず、仙骨に限らず、なにせ身体を冷やすと風邪は引きやすくなります。

冬空の下、短パンとTシャツだけで一時間も外に立ってりゃ、確実に風邪を引くことでしょう。

小生が原稿を書くとき、暖房の按配と机の配置の問題で右側の大腿部がやたら冷える体勢でおります。そうすると、途端にクション、クションとクシャミをすることになるわけで、あわててフリースのひざ掛けをすることになります。

大腿部をすっぽり覆うと暖かい感じがして、まあ快適。

さて、冷静に冷えているところを体感してみれば、丁度、大腿部の胆経、三焦経(古典経絡にはない)あたりかな、と思うわけです。

そうすると、腕の三焦経(特に上腕)、胆経(古典にはない)の重だるさとツッパリ感が出てきます。また、背部の三焦、胆反応ゾーンもちょっと凝る感じがして、さらに腹部の同ゾーンも違和感を感じます。

よ~く、注意して観察すればまさに経絡反応を実感することができるのです。

不健康ですと、奇脈ルートもありますから、このとおりの反応は出ませんが、それでも身体というのはちゃんと繋がっているんだなぁ、ということだけは分かります。
経絡を実感するのは日常生活の上で、いくらでもあるのです。

大昔、経絡を指標に漢方薬を処方する方法もあったと聞きますが、傷寒論がハバを利かせた後はわずかに生薬の帰経作用という言葉が残されているに過ぎません。

経絡と湯液、両方の達人になるなどほとんど不可能に近いので致し方ないことでしょう。
片方だけの達人になるだけでもユルイ話じゃないですからねぇ。

« 天応穴(てんおうけつ) | トップページ | 頭部施術における経絡説 »

心と体」カテゴリの記事