« 魚の目から考えること | トップページ | 5グラムタッチ »

目の疲れから考えること

最近、パソコンのやりすぎと、老化現象で目がショボショボすることが多くなってきました。

あるときなどは、突然、目が痛みだし、涙が出て止まらなくなったこともあります。それでも、パソコンの前から離れられないのですから、一種の中毒ですかね。

さて、目は五臓六腑の窓とも言われ、様々な内臓と繋がりあるとしています。古くから言われているものに、目を全息胚に診立て、おおよその診断をしようとするものもあります。

例えば、

角膜虹彩を「肝」
瞳孔を「腎」
それ以外の黒目を「心」
白目を「肺」
上下瞼を「脾」

これで五臓ですが、陰陽関係にある腑は自動的にくっついてくるものですから、少なくとも五臓五腑のおおよその歪みの見当はつけられでしょう。
(小生は眼診はしませんけど)

目は生活上、欠かすことの出来ない重要な器官ですが、生命維持という観点だけからいうと、最初に犠牲にされやすいところかもしれません。

なにせ目は単位重量あたりの酸素消費量が最も多く、脳や肝臓や腎臓さえ上回っています。ですから、生体はこれらの臓器に不都合があって、より多くの血流量が必要な場合、目に回す分を少なくしてしまうわけです。

このことを考えると、目の問題を内臓の問題と考えた古人の考えはもっともなことだと思います。肝腎要というが如く、目の問題を考えるとき、肝と腎を重要視したのは古典の教えるところ。ですから、目を酷使していくと最終的には肝、腎の問題となりますよ!という意味もあるのです。

「夜、爪を切ると親の死に目に会えない」と諫めたのは電気がなかった時代、ろうそくの灯りだけで、爪を切ると目を傷め、ひいては肝腎の病に至る=親より先に死ぬ=親の死に目に会えない-ことがあるから、そんなことしちゃイカンのですよ、という意味です。

♪母さんが夜なべして手袋編んでくれた♪
 
一度は聞いたことがある歌ですが、夜なべして、手袋など編んでいたら、それこそ、爪を切るどころの騒ぎじゃないくらいに目を酷使します。
 
昔は今と違って、女性のほうが男性より短命でした。
むべなるかな・・・と思います。

目を酷使して内臓に至るパターンもあれば、内臓の問題から目に問題が出てくるパターンもあるのは当然です。
 
肝腎の機能が衰えることによって、目が悪くなってくる・・・つまり表裏一体です。ここに悪循環という問題が提起されまして、歳を取るにつれ、目を酷使する読書から離れていくのはごく自然なことなのです。
(つまり、老眼は生体の知恵でもありますな)

しかし!小生のように中高年から中途半端なブロガーになってしまうと、別にそれで稼いでいるわけでもないのに、パソコンの前でただひたすら文字を打ち込むことになってしまって、実に困ったものです。
 
じゃ、そんなことやらなけれないいじゃん!という話になるのですが、全国3000万の亜美之介ファンが心待ちにしているブログを止めるわけにはいきません。

どこかに妥協点はないものか、と模索しているのですが、口述するだけで、スラスラと文章が出来上がるシステムが一般化するまで待たねばならないようです。

« 魚の目から考えること | トップページ | 5グラムタッチ »

つぶやき」カテゴリの記事