« 脛骨後方滑動不全 | トップページ | 気まぐれな天応穴(てんおうけつ) »

ストレートネック

 ストレートネックが増えています。

 レントゲンを撮るまでもなく、診て触ってすぐに分かります。

 なんでこうなるのか、構造的な代償作用としていくらでも説明できますが、それを説明したところで、現にある愁訴の問題は解決しません。

 歪みというのは面白いもので、それを矯正しようとすると、抵抗力が働き、中々矯正されませんね。(施術家なら経験があると思いますが)

 そこで、西洋手技ではその抵抗力を上回るスピードで対処しようとしました。
 所謂、スラストテクニックです。
 スラストテクニックは悪意を持って語られることが多いのですが、充分に熟練し、かつ「実」の症状であれば有効性が高いものです。

 しかし、一種のオタクみたいなところがあって、アンドルー・ワイル博士などは「手技を道楽で弄んでいる二流の医師」という印象があったそうです(フルフォード博士と出会う前まで)。

 一方、東洋的な方法論では、矯正する方向ではなく、歪んでいる方向に曲げると、むしろ歪みはその醜い姿を反省し、自らを正す、という考え方があります。
(西洋手技でもそういう技法はありますが)
 全てに当てはまるものじゃないことは当然として、これを臨床上経験すること度々。

 人間は機械じゃありません。生理的な反応というものがあります。
一見、逆のような操作は、まだ解明されていないかもしれない生理的な反応を利用したものなのでしょう。
(増永師の頚椎矯正法や橋本博士の操体法などに端的に見られる技法です)

 ストレートネックも無理やり湾曲をつけようとする方向での操作よりも、むしろ、一瞬、引っ張ったほうが湾曲が出ること度々(引っ張り続けるとダメなのは言うまでもありません)。
スラストにちょっと近いテクニックですが、有効だと思います。
(加減が難しいので、真似しないでください)

 こういう仕事をしていると、人体の不思議展を見学するよりも一層、その不思議感は強くなります。生きている人間相手ですからね、その多様な生理的反応には驚かされますよ。
(他の施術家達も同じでしょう) 

※ストレートネックの大半は胸鎖乳突筋という筋肉にトリガーポイントが形成され、短縮し緊張状態に長く置かれているために起きるものです。ですから、胸鎖乳突筋のトリガー処理が不可欠であることはいうまでもありません。

« 脛骨後方滑動不全 | トップページ | 気まぐれな天応穴(てんおうけつ) »

リフレパシー随想」カテゴリの記事