« ダイエット | トップページ | スパズム »

がんもどき

最近、機会があって、昔話題になった「患者よ、がんと闘うな」(近藤誠著)を再読しました。何度も読んではいたのですが、ジックリもう一度読んでみようと思う出来事があったわけです。

この本が最初に出版されたのは1996年ですからもう随分前の話ですね。しかし、社会現象にもなったくらいですので、記憶にある方もいらっしゃるでしょう。

知らない方のためにザッと説明しますね。

この本の骨子は近藤仮説、通称「がんもどき理論」と言われているものです。
近藤氏は放射線科の医師として、ガン患者を無数に診てきた経験と各種の統計データとを照らし合わせた結果として、この理論が作られたのですが、これがかなり独創的で、既存のガン関係の権威者及び、製薬会社にとってはトンデモ本となってしまいました。

権威者や製薬会社にとってトンデモ本でも、一般人は真実が知りたい、真実だけが大事、です。そういった意味で大方の予想を覆し、ベストセラーになったわけでして、その当時、別に自身ガンでもなく、身内にガンがいるわけでもないのに、早速買い込み、夢中になって読んだ記憶があります。

近藤医師のいう「がんもどき」というのは生検でガンと判定されても、その内容が違う場合がある、ということに尽きます。

ガンはもともと転移を内包するガンと転移しないガンがあるという仮説を立てたのです。
遺伝子レベルで検査しないと、転移するガンなのか、転移しないガンなのか分からないので、病理医は度々、というか、かなりの頻度で誤診しているというわけです。
(顕微鏡で見ても絶対に分からないものだと・・)

もちろん当時も現在もどのような遺伝子構造であれば転移し、或いは転移しないか、は解明されていませんので、仮説でしかありません。

しかし仮説というのは、単に思いついただけで立てられるものではありません。その仮説の信憑性を高めるべく、様々な統計を用い、それを証明しようとします。

その論理的でかつ緻密な仮説展開は当時、頭デッカチの小生にはピッタリでした。感心することシキリでしたねぇ。

もともと遺伝子的に転移しないような構造をしているガンは、どんなに顔つきがガンと同じでも、もはやガンと呼べるものではなく、「がんもどき」としか言いようがないというところから、がんもどき理論と呼ばれているわけです。

若し転移内包ガンだとすれば、早期発見時点ですでに転移は始まっており、治療は無駄に終わり、若し「がんもどき」であれば、転移しないのですから、早期発見しなければいけない理由はなくなります。

これを様々なデータを使って説明していくわけですが、これに対する説得力ある反論はないのが現状です。
 
当時からこんにちにかけて、ガンの一番の退治法は早期発見だ、というガン関連医師、業者、行政の主張を根底から覆す理論ですね。

有力な反論が出来ないのであれば無視するのが一番良いに決まっています。近藤医師は行政を含め全てのガン関係者を敵に回したわけで、黙っていれば慶応大学で出世し今頃教授になっていたものを・・・とちょっと同情しますが、そのことに一番悩んだのは本人のようです。
 
これを発表すれば、出世の道は絶たれるだろう、と。しかし、自分が言わなきゃ誰も言わないという使命感から書くに至ったものなのでしょうね。

世に言うガン本の中でも、「ガンはこれで治る!」みたいなホントの意味でのトンデモ本じゃなく、ある意味救いがない論と捉えることもできます。患者や家族は一縷の望みをどこかに持つものです。

医師の薦めに従って、抗がん剤も使うでしょうし、手術もするでしょうし、多量の被爆も受けるでしょう。そうしたことも転移内包ガンであれば、意味がなく、というかQOLの著しい低下を招き、尊厳ある死に至らないケースがあるかもしれません。
 
しかし「がんもどき」であれば、臓器を切り取った分だけ、抗がん剤で正常細胞を傷つけた分だけ、大損してしまうことになるわけです。

どちらにせよ、ガンに対するアプローチが根本的に間違っていることになる、ということは一体なんだったの?と患者側も認める気にはならないでしょうね。

近藤医師の怒りの矛先は抗がん剤と手術にも向けられます。専門である放射線療法も今のやり方は非常に危ないと警告します。
(一部のガンは例外です。悪性リンパ腫や小児白血病などは抗がん剤適応と述べています)

じゃ、どうすれば良いわけ?ということになるのでした。ガンか「がんもどき」を峻別する方法はないわけですから、患者自ら人体実験するしかなくなります。結果として、転移内包ガンであれば、実にアンラッキーだったと・・・・あらゆる治療法は功を奏さないものだったに違いないと自身を慰めるより仕方ありません。
(しかし後悔は残るでしょう。若しあのとき手術、抗がん剤、放射線の道を選択していれば・・・と)

結果として転移しない「がんもどき」であれば、実にラッキーだったと・・・選択は間違ってなかった、といってどっかの時点で腫瘍を切り取るか、放射線で縮小させるか。

運を天に任せサイコロを振るようなものです。こういう選択を迫られるのですから、「がんもどき理論」は一般に浸透しなかったと言えるのだと思うわけです。
命は一つしかないので、多数派の意見を取り入れるに如くはありませんよね。

小生、この理論を知って20年近く経ちますが、その間、様々なガンの方を見聞きしてきました。

近藤仮説が真なり、と判定する資格はありませんが、この理論を取り入れると、ガンに対する疑問がかなりスッキリとクリアーになるのは小生の頭が狂っているという理由以外では多分に真理に近いという理由が当てはまるのではないかと・・・

本当のところを知るには遺伝子工学のさらなる発展を待つしかないのですが、小生が生きているうちは無理でしょう。

おそらく皆さんも。

« ダイエット | トップページ | スパズム »

心と体」カテゴリの記事