« 専門用語 | トップページ | 新技術と汎用技術 »

指をポキポキ鳴らす癖

指をポキポキ鳴らす癖のある人は結構多いものです。指だけに限らず、首や腰まで鳴らす癖をもっている人さえおりますが、皆さんの回りにもいらっしゃるのではないでしょうか。或いは自分自身かも。

造船工学でいうところのキャビテーション・エロージョンという現象によって、関節や関節の包む膜などが肥厚し、動きづらくなると言われております。
 
要は衝撃波によって関節及び関節周辺組織がダメージされるので、やめたほうが良いよ、というアドバイスが一般的であるわけです。

自分で鳴らすというのはこれはもう癖で、際限なくやってしまうことになるので、このアドバイスはおそらく正解でしょう。

ではどれくらいの頻度でどれくらいの年月鳴らし続けると、どの程度の関節ダメージがあるのか?
 
実はこの研究はほとんどなくて、確かなところが分からないのが実状です。
こんなのは統計を取るのは至難の技ですから、当然といえば当然でしょうな。

個人差があるということを前提に、ある人がその癖を持っていて、鳴らし続けた結果のレントゲン写真を見たことがありますので、コメントしたいと思います。
(あくまで個人差があるということを忘れないでください)

その方60歳の男性。
20歳のときから、つまり40年間、左手の小指を鳴らし続けていました。
一日の頻度は数十回。(本人数えてないので大体それくらいという印象しかない)
 
仮に20回とすれば、20回×365日×40年=292000回
約30万回だ。
 
小指は見事に変形し肥厚著しく、可動制限が甚だしいものになりました。
レントゲン写真でも素人が診て、分かるくらいの変形があるわけ。

ただ、おや!と思うのは小指以外にも薬指を鳴らす癖があったらしいのですが、こちらは一日数回の頻度だったらしい。薬指の変形は全くなし。自覚症状もなし、レントゲン所見も異常なし。

この人の関節(指)耐性は一日数十回で40年間では異常が起こるけれども、一日数回なら40年鳴らしても異常が起きないということになります。これが全部の人に当てはまるわけではないですし、他の要因もあるかもしれません。
しかし意外に関節耐性はあるものだなぁ、と逆に感心しましたね。

何度も言いますが、個人差がありますから、これをもって一日数回程度なら鳴らしていても大丈夫だ、と判断しないでほしいのですよ。
 
癖というのは際限がなくなりますから、やっぱり自分で鳴らす癖は止めたほうが良いという一般論に与する立場は変わりません。

関節を鳴らすのは専門家に任せた方が無難です。
(指を鳴らす専門家なんていないか・・・・・・)

« 専門用語 | トップページ | 新技術と汎用技術 »

心と体」カテゴリの記事