« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

自分で首を鳴らしてはいけない理由

 あるサイトを見ていたら、「よくお客様から自分で首を鳴らす癖があるのですが、止めたほうがいいですか?という質問がある」とありました。

 それに対してその整体師(?)は「ボクは別に良いと思う」と答えているわけ。根拠を全く示さず。???なんだコイツは・・・・どうも足揉み系の人らしい。

 勿論、否定する整体師も多いのですが、構造医学ぽい受け売りが多くて、正しい理由とは言えないなぁ、と思うこと度々。中々、ちゃんとした理由が書かれているサイトに行き当たりませんので、私が書くことにしました。

 東洋医学では虚実補瀉という言葉があります。虚に対しては補法(按法)、実に対しては瀉法(摩法)。これは基本中の基本になるのですが、関節を鳴らす行為というのは上手くやれば一瞬で硬結が消失し、フラットになるわけですから、これは分類から言えば、瀉法中の瀉法と言えます。

 さて、自分で鳴らす場合、鳴らす部位の関節にテコを入れることができません。そうすると、鳴りやすいところが鳴るわけだ。
 首というのはそもそも関節が鳴りやすいところなのですが、その中でも鳴りやすい部位に集中して鳴ることになります。
 するとどうなるか?
 何度も繰り返していると、その部分は虚してきます。つまりグラグラになってくる。すると益々鳴りやすくなってきます。そして調子に乗ってドンドン鳴らしていく・・・・すると益々、虚してグラグラになっていく。

 虚せば、それを補うため、実する部分が出てきます。つまり、代償作用により、硬くなる部分が出てくるということになります。
 普通、トップストーンと言われる3番4番あたりがグラついてきますので、下部頚椎か、上部頚椎が硬く可動性がなくなり、実にアンバランスな首になってしまうわけ。
 要は緩み過ぎると、必ず身体は代償作用が働き、かた~い部分を作っていくということなわけです。こうなると将来が見えてます(首が原因で大きな病気を呼ぶでしょうね)

 カイロプラクターなりオステオパスは鳴りやすいところを鳴らすわけではなく、必要性があるところを探して操作しているわけですね。つまり診断が伴っています。この診断に基づいて、鳴らしたくないところを鳴らさず、ブロックされている部分を鳴らすということになる。

 これは結構高度な技術で、素人にできるものではありません。だから、自分で鳴らすのとプロがやるのとでは、音が鳴るという意味では似ていますが、本質が全然違う、似て非なるものだと思って頂ければ良いのではないかなと。東洋的にいうと虚実補瀉をちゃんと考えていると・・・・そういうことになるわけ。

 スラストorアジャストは治療行為であって健康法じゃないわけですから、自分で自分の首を鳴らすのは必要もないのにステロイドか抗生剤を使っているようなものだと思います。

 これのどこが「ボクは別に良いと思う」になるのか・・・・不思議でしょうがない。

咬筋

 読んで字の如く、食べ物を咬むときに活躍する筋肉の一つです。顔の中にある筋肉は表情筋が多いのですが、これは骨格筋の一つに分類され、頬骨から、所謂、下顎のエラといわれる部位に付着する強靭な筋肉ではあります。

 人はなくて七癖と言われておりますから、片側で咬む癖をお持ちの方が多いらしく、両側の咬筋を慎重に触ってみると、硬さや張りが違うこと度々。片咬みだけではなく、首を曲げる癖を持つ方もそういう傾向があります。

 この筋肉の調整をするだけで、咬み合わせが合ったりしますから、かなり身体に影響力のある筋肉の一つではあるでしょう。

 さらにこの筋に出来るトリガーポイントは顎関節症状のみならず、耳鳴りの原因になることもあります。

 またここの張りはフェイスラインのシャープさ度合いを妨げ、美容的に問題になりますね。フェイシャル・マッサでは常に重要視される所以です。

 強靭でしかも常に使っている筋肉のため、一度凝ってしまいますと、中々ほぐれるものではありません。仰向けでの施術では全く緩まないことさえあります。そういう場合が横向きにさせて、上から垂直圧をかけると良いかもしれません。

 施術時、少し痛いことがありますが、その見返りは充分にある筋肉ですから(健康的にも美容的にも)、たまにここの筋を緩めてもらうと良いと思いますよ。

曲鬢(きょくびん)

コメカミから耳の方向へ斜め下、耳の上端から顔へ数センチ寄ったところにこのツボがあります。言葉では説明しづらいので、ツボ表を持っている方はご確認くださいませ。微妙な凹みがあるので分かりやすいと思います。

血管拡張性の頭痛に、マッサージ等は禁忌かと思いますが、この曲鬢は唯一かもしれません、拡張性の頭痛に効くツボとしては。血管拡張を抑制する効果があるのでしょう。
他にも三叉神経痛をやわらげたりもするツボとして有名です。

祖母が血管拡張性頭痛(おそらく)発作に襲われたとき、この回りをねじり鉢巻でギチギチに締め付けていたという話は前にしました。

血管を締め付け、血流量を減少させたという直接効果もあったのでしょうが、このツボの効果もあったに違いありません。あまりにも激しい発作なら効果は限定的だとは思いますが、初期的な症状にはかなりの効果が見込めます。

基本的にツボというのは急所ですから、なんともないのにいきなり強圧するとかえって頭痛が起きたりしますから気をつけてください。中々ツボの扱いは難しいのですよ。そこにあるツボを押せばいいというものではないのです。

明生館が中高年のオアシスと言われる所以は、年齢とともにそこここにツボが現れてくるからに他なりません。急所から「要所」になる年代というのがあるのです。痛いだけだったものが心地よさに変わってくるわけです。

そんなとこ!そんなに効いたっけ?!などという体験をお持ちの方もいらっしゃると思います。中々若いうちは分からない感覚なのですが、いずれ誰でもそうなりますから・・・残念なことに。

何が気持ち良いって、要所のツボを押されたときのイタ気持ち良さを超える気持ち良さは世の中にないって、あるクライアントさんが言ってました。ああ、それ分かるなぁ、と思う方、おめでとうございます、年齢に関わらず、リッパな中高年です。

頭痛

「頭痛の種が増えた・・・・」と表現されるように、心配事、イライラ、それに伴う筋緊張が原因であることを端的に表しています。

特に後頭部の頭痛を訴える人が多いのですが、そのほとんどが後頭神経痛といって、首のコリから来るものです。

後頭部を直接揉むと、一時的に緩和されますが、首の問題を放っておいているのでしたら、あとでかえって症状が増悪されてしまいます。

首の問題を処理し、首と繋がっている肩、肩甲骨の問題を処理すれば、後の増悪は防ぐことができます。

処理の仕方は流派によって違いますから、ここでは言及しませんが、どの方法論を取るにしても、ある程度の熟練がないと、スッキリした状態にはなりません。

私事で恐縮ですが、私の祖母が酷い頭痛持ちでございました。定期的に頭痛発作が来ていたようですから、群発性でもあったようです。

頭痛の発作が起きると、マメ絞り(日本手ぬぐい)でギチギチに頭鉢を締め付けるのです。 これで少し楽になるようでしたから、血管拡張性の頭痛でもあったのでしょう。

祖母があるとき述懐していたのですが、若い頃、馬から落ちて、背骨が曲がってしまったと言っていましたから、根本の原因はそれかも知れません。背骨の変移と共に、頭蓋の歪みもあったのでしょうね。

なにせ子供の頃ですから、何も出来ず、ただ見ているより他なかったわけで、今なら完治とまでは行かなくとも、楽にしてあげることはできるのに・・・、と思うわけです。

案外、無意識レベルで、祖母のこのような頭痛発作が今の仕事を選んだ伏線になっているのかもしれません。

フェイス

 25年ほど前、初めてフット・リフレクソロジーというものを知ったとき、何が感動したって、身体の情報は足裏に出る!ということでした。
 難しい言葉でいうと「全息胚」原理というのですが、簡単に言うと「反射原理」(正確な言い方ではないのですが)。

 あれ以来、様々な足裏を診てきましたが、なるほど~、確かに足裏というのは個性があって、同じものは一つもないんだなぁ、という感想を抱きつつコンニチまでやってきました。

 足の裏をシミジミ眺める職業というのは、まず他にはないでしょう。
 顔と同じように、それぞれ個性があって、それなりの年輪が刻まれているものです。

 男の哀愁は背中に出るとかも申しますが、老若男女問わず、足裏に哀愁が漂います。
少なくとも疲労の蓄積、酷使状態は分かりますわね。老廃物のたまり具合、足底内在筋のコリの状態、趾関節の癒着・・・・・普段目に付かないところだけに、注意深く見るなどということはないでしょう。

これ対してフェイスはいつも人前に晒しています。
「あなた顔色悪いんじゃない?」
or
「どうしたの?元気ない顔して」
or
「なにか良いことでもあったの?」

 身体の状態から精神状態まで、観察の鋭い人なら素人でも分かります。ですから、もっとも感情面も含め身体の状態が出やすいところがフェイスと言えるでしょう。

 だからと言って、フェイシャル・リフレなどと聞くと、(何でもリフレにすりゃいいっちゅうもんじゃないだろ!)とその商魂に怒りを覚えることもありますけれども。
 フェイシャル・リフレは如何なものとは思いますが、フェイスを治療点として考えるのは賛成です。何せ、ここはクラニアルですからね。
 しかも、人間にとって欠くことのできない栄養&水分補給や酸素の吸入は口と鼻が一番最初に働くところですし、視覚や聴覚や嗅覚を使った情報収集もまたフェイシャル部分に最初のアンテナがあります。

 人間ってある程度年齢がいきますと、ハンサムであるとか美人であるとかはあんまり関係がなくなるような気がします。悪相か良相の違いくらいにしか感じませんねぇ。それは精神状態を含め全身状態を映し出す鏡だからなんでしょう。

 鏡をいくら磨いても本体まで綺麗になるわけじゃないと理屈をこねる施術家もいますが、ある一面の真理をついています。ただ治療原理は何も全息胚原理だけじゃないわけですから、治療点にならないということにはなりません。
噛み合わせの不都合が諸悪の根源と唱える治療家もいるくらいですから。
(個人的にはそうこともあるけど全部がそうだとは言えないと思います)

 経験則ですが、足裏のコリを取って、顔のコリを取るだけで、快調になる方もいるわけですから、表裏一体関係にあるんだろうなぁ、と。
 表裏、陰陽関係にあるのであれば、フット&フェイシャルっていうか、足をやれば顔もやって、顔をやれば足もやるべきじゃないかと・・・最近の実感です。

新技術と汎用技術

約7年半に渡って使い続けてきましたCDプレヤーがオシャカになりました。よくもったほうじゃないでしょうか・・・・休日を除いて、朝から晩までかけっ放しですもの。ざっと計算すると、2万時間くらいの耐久力かなぁ。

明生館をオープンする際、いくら静かな環境で施術するのが好きだと言っても、ヒーリング系ミュージックくらいはBGMで流しておかなきゃなぁ、ということでコンパクトCDプレヤーを探したわけですよ。

コンポのような大掛かりなモノはスペースから言っても無理でしたし、何かコンパクトで良いものはないものかと・・・・電気屋さん巡りをした結果、カシオで丁度良い大きさのプレヤーがあったわけです。一も二もなく、これだ!と惚れこんで買い込みました。
値段は2万5千円くらいでしたか・・・・

いくら気に入ってもいてもイカレてしまったんじゃしょうがないですよね。代替を探して購入する必要があったわけです。すると、スタッフKがアマゾンで調べた結果、4000円台からコンパクトプレヤーがあるということでした。現物は見ませんでしたが、4000円くらいのものですからね。即、発注!

いまそれがあるのですが、いや~全然、大丈夫です。余程音楽にうるさい人なら分かるかもしれませんが、普通の人なら、まず違いは分からないでしょう。ましてやBGMで流す程度の音量ですし。

しかし、7年半前は25000円、こんにち、4000円です。ほとんど変わらない性能のものが六分の一以下の値段になっているわけですよ。

新技術が登場したと思ったら、あっという間に汎用技術になります。汎用技術になれば競争に晒されますから、値段がガンガン落ちていく・・・・薄型テレビなんぞはすでに昨年の二分一に下がっているそうな。
 
当然、企業は儲からなくなりますから、また新技術を開発したり、付加価値をつけたりと必死になりますよね。こうして際限のない開発競争になる・・・・こういう系の開発現場の人は大変だ。

我々の業態も技術であることには変わりません(モノという形は残りませんけど)。昔とは比べ物にならないほど情報が入ってくる時代です。昔は高度な技術どと言われたものが、あっという間に汎用化して、差別化できなくなりつつあります。

そうすると結局、立地であり、マーケティングであり、ごく普通の業態と同じようなものになるわけですね。
 
癒し系でやる限り、その原則から逃れられない、っていうか治療系でさえ、過当競争の波に晒されてきている、とまあ、こんな時代に生きていることを認識せねばならんのです。

東京は特別に激戦区ですが、地方にもいずれ波及するでしょう。先日も麻布の高級癒し系サロンがクローズしました。(1年もったかなぁ)
 
でもちゃんと他店が2~3増えていますので、総体としては増えています。個人開業者がそんな中に放り込まれたらタマッタもんじゃありませんわな。資金力、企画力の勝負じゃハナから先が見えてます。

しかし個人は個人で生きる道はありまして、丁度、最先端科学粋を集めた機器の部品を大田区の町工場じゃないと作れないような、そういう技術ですよ。汎用技術になりようながない職人芸ですね。

新技術でなくとも汎用にはなり得ない、という第三の技術もまたあるということです。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »