« 咬筋 | トップページ | 人体の不思議 »

自分で首を鳴らしてはいけない理由

 あるサイトを見ていたら、「よくお客様から自分で首を鳴らす癖があるのですが、止めたほうがいいですか?という質問がある」とありました。

 それに対してその整体師(?)は「ボクは別に良いと思う」と答えているわけ。根拠を全く示さず。???なんだコイツは・・・・どうも足揉み系の人らしい。

 勿論、否定する整体師も多いのですが、構造医学ぽい受け売りが多くて、正しい理由とは言えないなぁ、と思うこと度々。中々、ちゃんとした理由が書かれているサイトに行き当たりませんので、私が書くことにしました。

 東洋医学では虚実補瀉という言葉があります。虚に対しては補法(按法)、実に対しては瀉法(摩法)。これは基本中の基本になるのですが、関節を鳴らす行為というのは上手くやれば一瞬で硬結が消失し、フラットになるわけですから、これは分類から言えば、瀉法中の瀉法と言えます。

 さて、自分で鳴らす場合、鳴らす部位の関節にテコを入れることができません。そうすると、鳴りやすいところが鳴るわけだ。
 首というのはそもそも関節が鳴りやすいところなのですが、その中でも鳴りやすい部位に集中して鳴ることになります。
 するとどうなるか?
 何度も繰り返していると、その部分は虚してきます。つまりグラグラになってくる。すると益々鳴りやすくなってきます。そして調子に乗ってドンドン鳴らしていく・・・・すると益々、虚してグラグラになっていく。

 虚せば、それを補うため、実する部分が出てきます。つまり、代償作用により、硬くなる部分が出てくるということになります。
 普通、トップストーンと言われる3番4番あたりがグラついてきますので、下部頚椎か、上部頚椎が硬く可動性がなくなり、実にアンバランスな首になってしまうわけ。
 要は緩み過ぎると、必ず身体は代償作用が働き、かた~い部分を作っていくということなわけです。こうなると将来が見えてます(首が原因で大きな病気を呼ぶでしょうね)

 カイロプラクターなりオステオパスは鳴りやすいところを鳴らすわけではなく、必要性があるところを探して操作しているわけですね。つまり診断が伴っています。この診断に基づいて、鳴らしたくないところを鳴らさず、ブロックされている部分を鳴らすということになる。

 これは結構高度な技術で、素人にできるものではありません。だから、自分で鳴らすのとプロがやるのとでは、音が鳴るという意味では似ていますが、本質が全然違う、似て非なるものだと思って頂ければ良いのではないかなと。東洋的にいうと虚実補瀉をちゃんと考えていると・・・・そういうことになるわけ。

 スラストorアジャストは治療行為であって健康法じゃないわけですから、自分で自分の首を鳴らすのは必要もないのにステロイドか抗生剤を使っているようなものだと思います。

 これのどこが「ボクは別に良いと思う」になるのか・・・・不思議でしょうがない。

« 咬筋 | トップページ | 人体の不思議 »

心と体」カテゴリの記事