« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

子宮が卵巣で卵巣が子宮

酷く込入った表題で申し訳ないのですが、反射区のことです。

子宮や卵巣の反射区はリフレクソロジストならご存知のとおり。

そう教えられてきましたし、そう教えもしているのですから、イマサラ変更するつもりはサラサラありません。

ただ、もう一つの見方、つまり経絡的な見方もあって、その見方をすると、これが逆転することになります。

反射区としての子宮の部位は脾経が通っていて、この脾経は主にすい臓を中心とした消化器系の総称と見ても間違いありません。しかし、経絡は一対一で臓器に対応するものではなく、全体の関連性の中で機能系として作用するものです。
(だから理解しづらいし教えづらい)

つまり、すい臓を中心とした消化器系の機能支配をしていることは間違いないのですが、それ以外の臓器にも関与していて、その他の代表的なものが「卵巣」になるわけです。

リフレクソロジストが子宮の反射区だと思ってそこを施術するとき、位置系である反射区では、その部位はまさに子宮反応zoneでしょう。

しかし、作用機序、或いは機能系としては卵巣に働きかけているかもしれず、効果があったとすれば、どちらが働いた結果なのか、じつは証明できません。

かつて、リフレ一本で施術を行っていたとき、子宮と卵巣の反射区はあえてその名前で呼ばず、生殖系2点と呼んでおりました。当時、経絡に対する深い知識などなく、おそらく本能的にこの二つの反射区は区別しがたいときがある・・・と思っていたのでしょう。

かつて子宮の反射区にぽっかりと穴が空いているような感触を得たクライアントさんに、子宮を摘出してませんか?と聞いたことがあります。
ところが、そんな事実はなく、しかし、驚くことに乳房を摘出しておりました。

はて、面妖な・・・・
子宮収縮と乳腺活動は同じホルモン(オキシトシン)で行われるため、部位は違うのに全く同じホルモンレセプターを持っていることが分かります。
ということで、部位が違ったとしても、その関係で同じような反応があるのかな、と。

まあ、それも一つの理由かも知れませんが、むしろ脾経反応であったと解したほうが自然だったような気がします。
(乳腺のど真ん中は胃経が通りますが、胃経と脾経は陰陽関係にもありますし、乳房外縁部を脾経が通ります)

さて、今度は卵巣の反射区なのですが、この部位の経絡は膀胱経が通っております。
膀胱経は水分代謝、自律神経系の統括などを機能させる経絡なのですが、子宮、卵管も支配している重要なエネルギーラインです。
腹証の膀胱経反応ZONEがまさに子宮卵管のある位置からも分かります。

外踝の下にかけてやけに膨れ、ボッタイ感じがするとき、古血が降りかねている子宮の状態、即ち、瘀血の証を表していると判断できることが多いことからも、反射区卵巣反応は実は子宮卵管反応の可能性が高いと思うわけです。

実務的にはどちらがどちらでも、両方やるわけですから、さほど問題が出ませんが、知的好奇心を満たす意味で考える材料としては面白いと思いますね。

三焦経とクラニアル

三焦経は肩部、頚部の僧帽筋を通り、耳の後ろから側頭部、前頭部に達する重要な経絡の一つです。

特に頭部を考えた場合にはその重要性をより強調しても間違いありません。

さて、三焦経が「実」すると、脳膜の充血を呼ぶという増永師の見解は、その走行から考えても、僧帽筋が脳への血流ポンプであるという構造医学の考え方から言ってもスジが通っているような気がします。

クラニアル手技の目的の一つは脳膜の歪みを除去する、ということでもありますから、東洋と西洋の融合よろしく、クラニアル施術の前段階として、三焦経重点で施術を行うになんら問題はないと考えますし、むしろやるべきでしょう。

証で若し、「三焦実」が出たなら、それはとりもなおさずクラニアルの証でもある可能性が高いもので、特に「肩こり族・三焦派」はその可能性がもっと高まります。

「肩こり族・三焦派」は肩部-僧帽筋に強いコリを持つ一群の人々ですから、その絶対数はかなり多いと判断でき、それ故、クラニアル手技適応者が多いとも言えるわけです。

下腿部の三焦経が硬く、パンパンに張っている一群の人々もまた、脳膜の充血を惹起せしめている場合が多いのは臨床上、経験すること度々。故にこれらの人々もまたクラニアル適応だと考えられます。

三焦経を中心に経絡を補瀉し、クラニアル手技を行うと、スヤスヤと寝入ってしまう人が多いのは、まさに充血が散り、安寧な気分になるからでしょう。

単に気持ちよくて眠たくなるのとは質的な違いがあるわけです。

反射区と経絡

 踵(かかと)の荒れは脾経の問題であることが多く、踵が荒れているというだけで、7割~8割方脾経異常と判断して間違いないでしょう。

 踵といえば反射区では生殖腺になります。

 脾経は「子宮の反射区」を真ん中を通りますから、踵の荒れをみて生殖系に問題があるとご宣託するリフレクソロジストがいて、『ほら当たった!反射区理論は正しい!』ということにもなるのですが、違う可能性を考えてみても罰は当たらないでしょう。

 古典経絡は手技法家にとってはほとんど意味の為さないものですが、少なくとも増永経絡は非常に興味深いヒントを与えてくれます。

 ホントの踵の裏ということになると、これは心経になるのですが、古来より回春作用があるとされてきました。回春とはそのものズバリ性的能力なので、生殖器の反射区であることとは矛盾しません。
 しかし何故、心経が来ているのか。
 心経の心とは単に心臓のことをいうのではなく、まさにココロのことであって、心経異常は不安、ノイローゼ状態を招きます。
 ノイローゼ(古い言葉)状態で性欲がある人はまずいないところから、その部分の解消によって自然に帰するという意味合いがあるのでしょう。

 また心経と陰陽関係にある小腸経は「血」の運行に関係します。特に婦人の月経には深く関与します。

 陰陽関係も考慮すると、機能系としての生殖腺への影響はもっともなことであると思うわけです。

 反射区という全息胚的機序が働いたのか、経絡という機能系機序が働いた結果なのかを判断する、若しくは証明する手段を我々は持っていません。
 だから誰にも断言できることではないので、提示というか、提案というレベルに留まるわけですが、少なくとも、反射区とは違う可能性を考えてみなければ、施術家として真摯とは言えないと思います。

 台湾系、欧米系問わず、リフレ者が増永経絡を知っているはずもなく、それに触れたことさえないというのは、考える材料もなく、足の施術はそこで終わってしまう、という悲しい運命を辿ることになります。
 別に悲しくはないぞ!という反論も聞こえますが、いずれ行き詰ります。
 結局、人間を進歩させるのは好奇心ですから、好奇心がなければ、そこで終わり、と。
 ただ、それだけの話で幸せか不幸であるかは関係ありません(それは違う次元の話ですから)

好奇心を持ってくれる人がリフレ業界にもっと増えてくれたら、私も随分助かる、と思うのですが、リフレの世界は何故かそういう人が少ないですね。

外反母趾を見て思うこと

 我々、足揉み出身の施術者にとって、真っ先に目に入ってくる歪みがこの外反母趾です。

 完全に曲がってしまった外反母趾を元に戻すのはもはや、手技で不能の場合が多く、その処置を手術に委ねるより他ありません。

 先日、日帰りでできる手術の名医がテレビで紹介されていましたが、ホントに悩める人々にとっては朗報には違いないと思います。

 さて東洋医学的に外反母趾を考えると、まず母趾は脾経と肝経の支配を受けていることが分かります。

 膝の支配経絡も脾経ですから、外反母趾者の膝痛や、膝の補正機能を超えた応力転位が股関節に移動し、さらに腰痛になったりもするのは、身体力学的にも説明できますが、「脾経」というキーワード一つだけでも説明可能です。

 肝経が関係するのは、仙骨、尾骨に問題がある人が多いということからも分かるのですが、述べたような身体力学でも説明可能です。

 経絡というのは不合理のようですが、実は身体運動の応力転位で説明できることが多く、古人の知恵に敬服すること度々です。

 しかし、内臓などに繋がっていくことなどはまだ説明できないので、一種の迷信扱いを受けることもありますが、身体運動の癖が内臓の問題を惹起させない、という証明はなく、むしろ常識的にはあり得る話です。

 外反母趾を見て、単に脾経、肝経の問題だとするのは早計です。そもそも外反母趾になるきっかけというのは横靭帯の機能低下からくるもので、この横靭帯には肺経、大腸経が通っており、症状としては、喘息などを持っている方もいます。

 今まで、これは凄い!酷い!と思った外反母趾の方は膝痛も腰痛も、喘息も持っておりました。

 単一の経絡の歪みがあるから症状が出るというものではありません。
 様々な歪みが集積した結果として、一つの症状として現れるわけですから、外反母趾だけを診て、症状の推定、若しくは予測などできなことは当然ながら、すくなくとも四経絡の歪みが顕著だろうなぁ、というくらいのことは分かります。

 それが頭にあって腕の施術や腹証をすれば、証が掴みやすいのは当然です。

 例えば、股関節痛の経絡的ファーストチョイスは大腸経なのですが、これを腕と腹証で確かめ、さらに外反母趾があれば主たる歪みの犯人だということが分かるわけです。

 ただ外反母趾は証を掴むヒントにはなりますが、これを治すということが出来ないので、応力転位が常に進み、再発することになるので楽な施術にはなりません。

 最後筋力強化ということになるのですが、そういう状態になれば運動がやりづらいという状況ですから、世の中うまいこといかないものです。

 完治させ得ないまでも、経絡的歪み、即ち「証」というものを掴んだ施術はある種の自信になりますから、施術効果も違ってくるのは当然。「証とは確信である」と増永師が喝破したように、何か違う力が働くような気がします。

 そうした意味で外反母趾は役に立つのですが、述べたように完治しえないところに腹立たしさがあって、外反母趾を見るるたび、こりゃ、楽にさせることができるなぁと喜んだり、再発するだろうなぁとため息が出たりと忙しい心の動きになってしまうのは私だけでしょうか。

 自分がリフレしか知らなかった時代、この外反母趾をどう判断していたか・・・・遠い昔のことで定かではないのですが、甲状腺とか頚椎とか、胸椎の問題として認識していましたような気がします。奇しくも甲状腺の反射区には肝経が通り、普通の甲状腺障害(バセドーを除き)は頚部肝経の問題であることは一致しておりますが・・・・

 反射区は反射区で入門編としては良いのですが、運動器や内臓との関連性についての機能的説明がなく、イマイチ底が浅い・・・使った!治った!効いた!という三タ療法にならざるを得なく、これは逆にいうと、使った!治らん!効かん!という一タ二ン結論になりやすいものです。

※古典経絡ではなく、増永経絡を基にして述べておりますので、ご了承ください。

ZEN SHIATU

http://www.youtube.com/watch?v=83RrhMsn2TI

↑クッキー先生から増永師の海外講習の実技指導の動画を見つけたと紹介を受けました。

ユーチューブは10分ほどの時間しか認められていないため、パート4まであります。
(関連ビデオでPART2~4まで見つけられます)

通しで観ましても、30分強くらいで済みますので、暇があればパート4まで一気に観てみてください。

基本手技を30分ほどでやっていますから、ちょっと手が早いかな。
しかも試技ですから・・・・まあ参考まで、ということで。

すでに(いしや~きイモ)のバックグランドが入ってるビデオ(笑)を持ってるいる方も、違う型があるので発見があるんではないかなぁ、と。

手技というのは型だけ観ても、相当精通していないと、意味が分からないし、価値も分からないのですが、布団施術が主の人は(なるほど~下肢大腸経ってこうやるんだぁ)などと、参考にはなるのではないでしょうか。

それにしても、伸展系や運動法が多用されていて、指圧というイメージよりも整体、タイ古式マッサにちょっと似ているかもしれません。
(瀉法中心にならざるを得ないでしょうね、私も試技だとそうします)

でも経絡的には非常に深い意味があって(ほとんどの人は見逃すでしょうけど、っていうか理解できないでしょうけど)、なんや、こんな程度か、などと思ったら大きな間違い。
現象の奥にある部分、目に見えない部分を観ないと真価は分かりません。

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »