« コリ | トップページ | 腎臓病 »

桂枝(けいし)

先日、遅ればせながら「レッドクリフⅡ」という映画を観ていたら、曹操の陣営で疫病が蔓延するシーンがありました。

漢方史上もっとも有名な医師-華陀(かだ)が曹操に「病の勢いは如何?」と問われ、如何せん桂枝が足りない!と答えておりました。

桂枝は言うまでもなく、シナモンのことです。
最近ではシナモンスティックなるものがあって、それでコーヒーかなんかをステアするのでしょうね。このシナモンスティックはまさに直訳的に桂枝です。

桂枝が生薬として初めて登場するのは「神農本草経」という薬草書なのですが、これは世界最古の薬草書として有名です。丁度、後漢時代の書ですから、華陀がそういったのは、まあ、考証学的にも合っているなぁ、と。

漢方のバイブル-傷寒論という書の一番最初に出てくる方剤が桂枝湯という薬方。
一番最初に出てくるくらいですから、基本中の基本方剤です。
この方剤、現在も使われていて、医師が判断すれば保険適用もありです(少なくと現時点では)。

桂枝湯は非常に単純な配合からなっていてわずか5つの生薬の組み合わせです。
桂枝3~4 芍薬3~4 生姜4 大棗3~4 甘草2

あらら、前に書いた葛根湯によく似た配合ですね。
葛根と麻黄が入れば、葛根湯になるわけで、そこから考えると、葛根湯よりは発汗作用が弱く、汗をかきやすい虚弱な者にも使用することができるものなのでしょう。

ところでこの桂枝が配合されている方剤は基本だけあってとても多くの漢方方剤に入ってます。
先の葛根湯にしてもそうですし、「桂枝~湯」「桂枝~丸」と桂枝が頭にくる薬方名がボクが知っているだけでも7つ8つほど。

桂枝の名前がなくとも、有名どころでは「安中散」「十全大補湯」などにも入っているんじゃなかったかな。

むかし、ミスタードーナッツでシナモン風味のドーナッツを食べたとき(あらっ、なんて美味いんだろ!)と思ったものです。
桂枝の薬効の一つとして、整腸作用もあるらしく、腸の弱い私には身体に合っていたんでしょうか。(身体に合うものって美味しく感じますからねぇ)

それはともかくとして、レッドクリフ(赤壁)の戦いの場所には諸説があるようです。
映画では現在の胡北省のようでしたが、微妙な位置関係ですね。
桂枝の原産地は中国南部からベトナムにかけてですから、思いっきり遠いわけでもないですし、近いわけでもありませんので(当時の交通手段から言って)。

大量に桂枝が必要なほど疫病が蔓延していたんだとすれば、調達するに少し時間がかかったんではないかなと・・・ちょうど設定に合いますね。

基本的には物語ですが、史実でもあります。
随分細かいところに神経を使う脚本だなぁ、と感心しながら観ておりました。

私みたいに桂枝という言葉に反応する観客も想定しているのかもしれません・・・・

« コリ | トップページ | 腎臓病 »

つぶやき」カテゴリの記事