« 腎臓病 | トップページ | 禁煙中の小悪魔と大悪魔 »

甲状腺

 更年期障害の時期と甲状腺機能異常がたまたま重なると、誤診する確率が高くなります。

 自律神経系の症状ですから、症状だけでは見分けが付かないことになるのは当然。
 「更年期ですね」と医者から言われ、(それじゃしょうが無いわねぇ)と我慢しているうちに、どうにもこうにも収まらないほど症状がキツクなって、病院を転々としているうちに見つかると、そんなパターンが多いらしい。

 甲状腺機能からくる愁訴は意外に多く、特に女性に多いのは周知の事実でしょう。

 検査数値がハッキリ異常と出ない場合も、症状は個人差が大きいので結局、見逃しているケースも散見されます。

 要治療の場合はこれは病院で治療するしかないのです。
(手術を奨められていた方が足もみだけで治ったという例はありますけれども、普遍的に必ずそうなるかというと責任が持てませんし、これで治してやるから医者に行くな、というと医師法違反に問われますからね)

 東洋医学的な観点から言えば、甲状腺は肝経の支配が強く、たまたま、足裏では甲状腺の反射区が肝経になります。

 だから、反射区が効いたのか、経絡が効いたのかを立証することはできません。

 経絡とするならば、首に肝経が来ていますから、頚部の施術を重視すべきでしょうね。
 病変が進み過ぎている場合はいくらやっても難しいですから、体調を整えるという意味で行う態度が望ましいと思います。良い影響を必ず与えると確信していますけど。

 甲状腺の中でもバセドウ病は心包経の異常から来るケースが多く、心包経反応ゾーンである胸椎の7、8、9番あたりに変移があるか、カチコチに固まっている場合が多いもの。
 頚部の心包経は非常に処置しづらい位置にありますから、直接的にはちょっと無理かもしれません。その代わり、上肢(前腕&上腕)は施術しやすい部位を走行しております。

 それらを処置すると、完治はできなくとも、症状がずいぶん和らぎます。

 何でも治せるというわけではありませんが、手技は一般に考えられている以上に守備範囲が広く、可能性に満ちあふれているので試す価値は充分にあるわけです。

« 腎臓病 | トップページ | 禁煙中の小悪魔と大悪魔 »

症例系の記事」カテゴリの記事