« 2010年1月 | トップページ | 2010年5月 »

癒し系と療術系

 本来なら「慰安系」と「治療系」と書きたいところですが、治療という言葉には法律上の制限がありますし、慰安という言葉には従軍慰安婦問題以降、どこか侮蔑的な、あるいは挑戦的な響きを伴います。

 したがって、文脈上での表現はともかく、あらためて題目とするなら「癒し系」と「療術系」にするしかないかな、と。でも意味は分かりますでしょ?

 両者の定義はハッキリしているものではありませんが、かたやリラクゼーションを標榜し、かたや治病を標榜するという漠然としたイメージがありますね。

 「最高の治療は最高の癒しであり、最高の癒しは最高の治療」という言葉があるように、究極的には一致するものでしょう。
 哲学的論議はともかくとして、ここで取り上げるのは極めて外形的な、もっと下世話な表現をするなら商売の在り方としての区別です。

 大手が大がかりにビジネス展開する場合、リラクセーションを標榜するより選択の余地がありません。
 治病術というのは個人属性だからです。
 誰が施術をやっても同じサービスが提供できる・・・・企業の目指すところはこれに尽きますからね。技術のシステム化だ。

 しかし、個人で開業となると、どこでも受けられるような差別化されないリラクセーションを標榜して成功したという話は聞きません。
 それもそのはずで、そういうものであれば利便性の良い大手のチェーン店に行きますからね。
 どこのサロンでも一人や二人上手い施術者がいるものです。あるいは手が合う施術者が。

 ですから、結局のところ、個人開業者は治病術を標榜することになるわけ。
 ところが、治病術は治病術で厄介です。ただ単に揉みが上手いとか、押しが上手いとかそういうものとはちょっと違う性格のものでからです。
 ある意味、クライアントとの治病に関する請負契約みたいなものです。次々と治病請負契約を締結し、次々とその責任を果たしていく・・・個人開業というのはこんなイメージでしょうか。

 ところが世界中を探しても、百発百中で治せる施術者など存在しません。

 あくまでも確率、歩留まりの問題になります。
 どれくらいがMAXかというと、こういうことを書く人はあまりいないので、中々参考になる数字はないのですが、ズバリ7割で一流でしょう。それを超えると超一流になります。
フルフォード博士などは病気の種類を問わないで7割を超える治癒率があったということですから、驚嘆すべきヒーラーであったことは確かです。

 実際問題として病の種類を問わないで7割キープは難しいところです。
 そこで、得意分野を作っていくわけです。
 たとえば、腰痛なら腰痛。これに関してなら、7割の自信はある!と。
 徐々に守備範囲を広げていくことになるわけでして、気がつけば運動器系にはかなり自信があるなぁ、と、そんな感じになっているはずです。

 あと内分泌系や自律神経系は「足」がある。これは治病系施術者には助かりますね。
 実際、他流派の施術者には教えたくないくらいですけどね。
 (足揉なんてのは今や世間にいくらでもありますけど、治療系としてのコツを会得している施術者は少ないものです)

 単純計算で独立開業は1500人に一人しか成功しないと言われております。まあ、これはスクール卒業生に対する開業者の割合を単純に計算したものでから、そこまで確率が低いものではありません。それにしても、こうも過当競争になりますと、限られたパイの奪い合いになることは確かでしょう。
っていうか前から始まっているんですけど。

 路線をキチキチに決める必要はありませんが、どのような方向性でやっていくか、くらいのイメージは持つべきでしょうね。

 メニューだけはやたら多いという個人開業者も見受けられますが、余程の天才でない限り、「餅は餅屋」という格言は普遍的真理かと思います。

肩甲骨外縁部

 肩甲骨内縁は「膏肓」(こうこう)というツボがあるように、よく響き、またその響きによりキツイ肩コリが取れたりします。肩コリ操作には必須の部位でしょう。

 さて、肩甲骨の外縁はどうでしょうか?
 この部位には胆経、三焦経、小腸が走行しており、意外にも頸部のコリと関係します。
また腕の疲れやコリ、だるさなどを取る部位としても有名です。

 内縁部ほど注目されない外縁部ですが、実は地味ながらも甲状腺や低体温症に影響力があると言われている筋群が集まっています。

 その一つである小円筋などは手のシビレの原因となることもあり、なかなか気付かれづらいのですが、そのことを知っていないとシビレを取ることができません。

 このようにして肩甲骨内縁のような派手さはなくとも、ある種の症状には必須的な部位になり得るわけで、無視するわけにはいきません。

 施術の方法はさほど難しいものではありませんから、その部位の重要性と適応症を知るか知らないかだけの話なのです。

 すくなくとも、小円筋の位置と、この筋の障害によって何が起きるくのか?くらいの知識は必要でしょう。

 もし低体温や肩の痛みや手のシビレで悩んでいたとしたら、この肩甲骨外縁部に問題の所在があるかもしれないのです。

 これを機会にその重要性を再認識して頂ければと思います。

口内炎

口内炎は経絡的に言えば粘膜の三焦、消化器系の脾・胃が絡むことに異論はないでしょう。

西洋医学的に言えばビタミンCの不足だということにも異論はないはず。

さて、最近、口内炎に悩まされておりました。
最 後に口内炎になったのはいつのことだか、覚えていないくらい昔の話ですが、なんだって今の時期、口内炎かなぁ?と頭を捻ることしきりだったんです。

ビタミンCを破壊しまくる喫煙(ヘビースモーカー時代)時でさえ、口内炎に縁などなかったのに。

真っ先に思い浮かんだのは、日本茶を飲む機会が激減した、ということでしょうか。

日本茶はビタミンCが多く含まり、喫煙の害を減らしてくれるといわれております。
そういう理由で日本茶を飲んでいたわけではありませんが、それが期せずして喫煙対策の一助になっていたのでしょう。
(本能的に飲みたかったのかなぁ?)

最近は日本茶を飲みたい、という衝動がなくなりました。前と何が違うかというと、喫煙習慣がなくなっているわけで、はやり、前は本能的に喫煙の害を少しで減らそうとした身体の欲求だったのかもしれません。

それはさておき、最近、食事の量がかなり減り、さらに肉体の酷使が続いておりました。
ストレスも当然ながらありまして、よく考えてみればビタミンやらミネラルの消費に補給が追いついてない状態だったかなと。

身体というのはある意味有難いですね。このような万全とはいえないコンディションを口内炎という具体的な症状で知らせてくれる。

当然ながら、日本茶も一日一回は飲むようにし、気をつけてビタミン、ミネラルを摂るように心がけておりましたら、いつのまにやら、口内炎は消えておりました。

 ※口内炎にはアロエが特効的な効果があると教えてくれた方がいます。また、ビワの葉を煎じたものを塗ると素早く治るとか。市販の薬ではチョコラBBが効果テキメンだそうな。
ハブ茶も良いとのこと。色々情報有難うございます。

« 2010年1月 | トップページ | 2010年5月 »