« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

ムチ打ち

 先日、初検のクライアントさんの首を触っていて(なんじゃコリャ!)

 頚椎が整列していない感じなんです。ボコボコ・・・

 「首のこと言われたことありませんか?」と聞くと、言われるも何も自分でおかしいと感じているらしい。
 レントゲンも撮ってもいませんし、医学的な所見は分からないにしても自分で触って骨がズレているような感じがするのですから、やっぱり変ですよね。

 「ムチ打ちとか・・とかケガとかで首を傷めたことがありますか?」定番の質問です。

 しばし考えたのち、「そういえば、かなり小さい頃、車に跳ねられたことがあります・・・」

「それは何歳くらい?」

「少なくともまだ小学校には入学していませんでした・・」

「なるほど、で、身体はなんともなかったわけですね、少なくとも医学的には」
「たしか、数日の入院で済んだと思いますから」

「ところで、小学生の頃から肩こりを感じてませんでしたか?」
ちょっと驚いたような口調で「ええ!低学年の頃から、もう苦しかったのです」

 これで愁訴の原因がはっきりしました。幼少時の事故によるムチ打ちです。
 しかし、原因が分かっても、すでにこの時点で40代も半ばですからね。
 身体を一回バラバラにしてもう一度組み立て直す必要があります。
 それくらい歪みが多岐に渡るわけです。
 できないわけではないんですよ。しかし、バラバラにして組み立て直すわけですから、酷いメンケンが起きるでしょう。穏やかにやろうとすれば、長期間に渡る通院が必要です。

 そうでなければ、5時間くらいの施術時間を与えられるか・・・

 もともとボクはこういうタイプの症例は得意なほうでして、何故か施術しやすい。

 肝(きも)どころが分かる・・・勘が働くんですね。

 同じ状況のクライアントさんでも皮膚過敏がある人はちょっと苦手。別のところに気を回さなきゃいけなくて、施術に集中できませんから。
 根底に三焦経問題があるので、皮膚過敏として現れている人もいるんです。

 この人は特に過敏ではありませんでしたから、それなりの施術ができました。
 しかし、30分しか時間が与えられていません!
 30分で何ができる!てなもんですが、与えられた中で最善を尽くすのがプロですから、首と肩と肩甲骨を入念にやってタイムアウト。全身的にはできません、いくらなんでも30分では無理ですわね。

 それでも無数のマッサ体験の中でもNO1の楽チン感があったらしく、えらく感動しておりました。逆にいうと他の業者は一体、何をやってるんだろうと思いますね。
 ちょっと歪みが深くなるともう対応できなくなる。同じような技法を使っているんですけどね。

 ともあれ、過去の事故等が原因で、今なおその後遺症ともいうべき愁訴に悩まされている人が数多くいます。この症状の厄介なところは医学的には決して後遺障害だとは認定されないということでしょうね。あくまでも自然療法的なモノの見方ですから、医者も本人も気づいてないこと度々。

 原因が分かっていてさえ、治せないこともあるというのに、原因を知らなくては間違いなく治療難民化します。

 かつてのインチキ整体師達はこのような治療難民をクイモノにして生息しておりましたが、時代とともにそのような輩が生きづらくなっているのは歓迎すべきことです。

 しかし、治療難民が減っているわけではありません。ある一定数必ずいますし、むしろパソコン、ネットの発達で増えているような気配さえあります。

 対処しづらい人もいますが、中には劇的効果があって、生活の質さえ変わってくる人もいるわけですから、救いの手を差し伸べられるよう研鑽を積むべきでしょう。

リフレクソロジーにおける補瀉

 リフレクソロジーにおける補瀉。
 (この場合のリフレクソロジーは広義の意味で使っています、足もみ全般のことを指すと思ってください)

 すべてのリフレはリラクゼーションでしかないでしょう。

 なぜなら、補瀉の技術がないからです。
 仮にあったとしても、フリクションを強めにする!圧を強めにする!というような刺激の加減でしか行われていません。

 リラクゼーションで何が悪い!と反論されれば、一言もないのですが。
 別に悪くはありません。
 他人の生活の糧にケチをつける権利など誰もありませんからね。

 ただ、私が言いたいのは現代病のほとんどは足から始まっているということ。つまり、運動不足ですよ。かわりに頭であれこれ考えて・・・これではコリ症にならない方がおかしいですし、冷えにもむくみにもなるでしょう。根本的な問題を辿っていけば結局、足からの問題です。

 本能的にそれを理解できる人達がいて、多くの支持を集めました。それが、かつての空前の足もみブームだったわけです。

 しかし、人の好みというのは様々で、あるいはニーズも様々です。痛いのは嫌だという人もいますし、気持ち良く癒されたいと思う人も多くいました。

 そんな中でリラクゼーション化していくわけです。もちろんケチはつけませんけれども、本来の足もみが持つ実力を過小評価される原因ともなりました。

 どのみち、強い圧であろうが、弱い圧であろうが、強弱で補瀉を考えているうちはリラクゼーションです。
 補瀉とは強弱を超える概念ですから。

 そこでボクは純粋な瀉法を技法群の中に加え、これをコンビネーション化することを思いつきました(いつの頃かわかりませんけど)。

 その一つが「足首拘束のリリース」でして、出来は良くないですが、映像として発表してあります。

 あれをやられると、程よく気持ち良いものですが、純粋瀉法です。
 刺激を強めて瀉法化するのはかなり痛いものですが、運動法を交えて行うと適度に心地よいものです。無理なく瀉することができるからに他なりません。

 足そのものを補瀉の対象とする施術を行いますと、段々と反射区から離れていきます。私が後年、反射区をほとんど使わなくなったのは、そういう理由もありますかね。

 気持ち良いかどうかは、施術の目的ではありませんが、効果が同じなら、そりゃ気持ち良いほうがいいに決まってます。
 反射区を基に瀉法を行いますと、かなり痛い部分が出てきます。それが快感だというクライアントもいますけど、個人的には嫌ですね。

 経絡的なアプローチと関節の整列を基にした方法論から補瀉を考えていったほうが、全体のコンビネーションを整合させるというのが経験則として分かりましたね。

 ボクの足の施術を受けると、かなり変わった印象を持つ方が多く、強めが好きな人も弱めが好きな人も、強さを変えているわけではないのに、それなりに満足を得ることが多いものです。これは補瀉を行っているからに他なりません。

 刺激の強さを変えることなく、ほとんどのクライアントに対応出来る方法論は施術家の見果てぬ夢でした。
 少なくとも足の施術に関してはナニゲに実現しているわけでして、これは歴史に残る偉業なはずですが、たぶん忘れ去られるでしょう。
 クライアントの問題じゃなく、施術者が理解できないせいです。

 理解できないほど難しいことを言っているわけではないんですけどねぇ。
 要はやる気と好奇心の問題です。

足に関しては施術すべき部位が限定されるので、補瀉の技術をコンビネーション化した施術映像として作れるかなぁ、と思っていますが・・・・

 これが出来れば業界的には画期的なんですが、リフレのDVDを作ってて思いましたよ。こういうのって大変だなと。あれだって8ヶ月かかっていますからねぇ。
もうそんな根性ない・・・やっぱり。

頭蓋縫合早期癒合症

 まあ、なんとも専門的な香りがする病名ですが、手術する手段のなかった昔は実に困った病気の一つでした。

 原因不明で超早期に頭蓋縫合部が癒合してしまうんですね。乳児は一年で倍以上脳の容積が増えるため、それとともに頭蓋の拡大が必要になってきます。普通は癒合していませんから、ノープロブレム。脳の成長とともに頭蓋も大きなって、目出度しということになる。
 ところがこの時期癒合してしまうと、頭蓋の拡大がなされません。脳がどんどん大きくなっていっても器はそのまま・・・その結果、頭蓋内圧が高まり、脳細胞の死滅、即ち、死を招く。

 そこまでいかなくとも、頭蓋の酷い変形、頭蓋のみならず顔面の変形が顕著になり、美容的にもゆゆしき事態となる。

 頭蓋縫合は神の智慧みたいな装置でして、故障して初めてその仕組みの精妙さが分かるというものです。

 無駄なもの、意味のないものってホント、ないものです。
 さてさて、頭蓋縫合は胎児が産道をとおるときと、乳幼児の成長が盛んになるときだけ必要なものであって、成人してからは癒合し強固な一枚骨になる・・というのが医学的な見解です。

 これは頭蓋縫合を不動関節とする見解なのですが、残念ながらその医学は遅れています。
 世界では可動関節とするのが定番になりつつあるわけです。つまり、完全な骨になるわけではないと。関節である以上、その部分は軟骨であり、軟部組織とまでは言えなくとも骨よりはずっと柔らかいものです。

 さて神の智慧たる縫合部が成人して尚、拡張性をもっていることは意味のないことでも無駄なことでもありません。なにせ神様のやることです。

 はっきりしたことは神様に聞かないと分かりませんので、今度聞いておくとして、それまでは仮説を立てるしかありません。

 人間に知能を与えた結果、考えることを覚えました。考えるということは脳に血液を集め、多大なエネルギーを消費します。脳充血が日常的な動物となってしまった人間のことをいたく心配した神様は、「こりゃ、血管をうんと拡張して、放熱しなきゃイカンな」と思ったはずです。ところが、それくらいのことで新たな器官を作るのは少々面倒だったに違いありません。その時、神は二日酔いだったからです。

 そこで、思いあたりました(そうだ、胎児が産道をとおりやすいようにと、生まれてから脳が成長できるようにと頭蓋縫合を作ったんだっけ。これを成人してもある程度拡張できるように微妙に調整しておこう。そうすれば、脳充血の放熱はバッチシだ。いや~おれって神様みたいに頭がいいなぁ)と自己満足したと思います。

 かくして、頭蓋縫合がある限り、脳はオーバーヒートから無縁でいられるはずだったのです。ところがあまりに微妙かつ精妙な調整(これがホントの神業)だったので、後天的なショックなどにより動きがストップすることもありました。そうなると放熱が進まず、加熱するか、逆にエネルギーの抑制をみることにもなったわけで、これがCRIの減弱と呼ばれる歪みです。

 そのうち人間自身が解決するじゃろ、と思ったかどうかは分かりませんが、一部の自然療法家の間では競うように頭蓋を対象とする施術形式が生まれてきたのは確かです。これも実は神の意志かもしれません。

 以上はボクの仮説であって、真実は神に聞くまでわかりません。聞く機会があればぜひブログでご紹介したいと思っています。

 頭蓋縫合早期癒合症というのは完全な病気です。しかも未だ原因のすべてが分かっているものではありません。

 この段階のレベルであれば、命にも関わるため、早急に専門医の判断を仰ぎ、処置すべきであることは言うまでもありません。

 この病気を通して分かることは、明らかな早期癒合でなくても、自覚症状がほとんどなく、癒合されている人が意外に多いのではないか?ということ。

 他人の頭蓋縫合を触り続けて、8年くらい経つでしょうか。未だ未熟とはいえ、年齢による縫合の硬さの違いや、個人差の大きさを自身の手指で感じてきました。

 来る日も来る日も飽きもせず、よくもまあ、縫合を触り続けてきたもんだと我ながら感心しますが、実体験より強いものはありません。
 頭蓋縫合は個人によって閉じ気味の人ありーノ、開き気味の人ありーノで実にバラエティに富んでいます。そしてそれがまた、密接に体調と関係し、病気の問題ともリンクしていることは確信を持って言えます。

 閉じ気味の人は鼻が詰まることが多く、当然ボーッとしてやる気が起きないという傾向性があるように思えます。
 開き気味の人は首のコリが酷く、血液の再還流がなされづらい傾向の人が多いようです。また、日によって開きっぱなしだったり閉じっぱなしだったり、一つの傾向ではない人もいます。

いずれにしても、施術方法はさほど変わるものではなく、ある種の刺激によって柔軟性が回復してきます。(あくまで病気のレベルではないときですよ)

 頭蓋縫合の柔軟性というのは施術上の盲点だと思いますね。
 頭蓋縫合へのアプローチによって鼻がスーッと通ったり、首コリを訴える頻度が少なくなったりするのですから、面白いものです。
 もっともっと頭蓋縫合の重要性に気付き、アプローチする施術家が増えてほしいものだと思う昨今です。

股関節の問題

(一) 

 股関節に隠れた問題があって、症状として出る症例は坐骨神経痛の大半、腰痛の一部、膝痛の大部分、足首、足底痛のかなり、そして、なんと!五十肩。

 五十肩の場合はどのような操作でも即効性がない場合が多いので、股関節に問題があると分かっていても、その場で満足させる結果にはならないものです。臨床的にはトリガーポイントを使うより他ありません。

 さてこの股関節。
 何度も紹介しておりますが、足関節と膝関節と股関節は互いに補正しあう関係、つまり三関節原理。この三関節原理の中でもっとも深刻な影響を与え、のっぴきならぬ状況まで追い込んでしまう関節が股関節です。

 なぜかと言うと、股関節は仙骨をテーパージョイントし、保持する役目があるからです。もしその支え(股関節)が狂えば当然支持されている仙骨の位置も狂い、その上部構造体である背骨も狂ってきます。つまり背骨問題は時として仙骨問題であると同時に股関節問題でもあるのです。

 仙尾骨~背骨~頭蓋に一連の関係を見出すことは、小周天(気功法)からもうなづけるところですが、小周天は閉じた系ではありません。当然ながら、股関節の狂いが小周天のバランスを失わせることがあってもおかしくはないのです。

 小周天を狂わせるとなるとこれは深刻!オステ的にいえば頭蓋-仙骨の一次呼吸阻害そのものです。

 ですから、頭蓋-仙骨のみのアプローチでは狂いを修正できない場面が多々あると感じてきました。そこでもともと出自である足揉みに注目し、そこから狂いを修正する方法論に行きついたわけです。頭蓋仙骨足底療法・・・前に述べたとおり。

 足底から股関節の狂いを修正するのは画期的ではあります。しかし、実際には時間がかかる場合も多い。直接的な股関節操作にその効果を一歩譲ること度々。

 ところが股関節操作は結構難しく、中々安全で効果がある方法を見出せずにおりました。

 股関節をもう一度入れ直すくらいの操作が必要ですからね。その語感からはどうしても暴力的な弄り方を連想してしまいます。
オステの技である「シカゴ」という技法を身につけようとしたり、私なりに必死でした。
(結局、これはかえって悪化させてコリゴリましたけど)

 そうこうしているうちに、日本ソフトボールのエース、上野某がオリンピックで身体を酷使しすぎ股関節の亜脱臼を患い、トレーナーが3時間かけてそれを治したというニュースを聞いたわけです。

 これは若干のヒントになりましたね。
 (そっか、一気にやろうとしないで、それなりに時間をかければよいのか・・)
 単純なことですが、それを「気付き」といいます。
 それに気付きさえすれば、そのトレーナーがどういう方法論を取ったかなど知らなくても全然構いません。それなりに経験を積んでいますから。
 仰向け、うつ伏せ、横向きの三方向操作を行えば矯正される確率が非常に高い。
 3時間はかかりませんが、重症なら、小一時間はかかるでしょう。

 ようやくの検証を終えて、この技法に自信を持ったのは最近です。
 技術に自信を持つようになればそれを使う頻度も多くなりますし、何よりも気持ちが入るんでしょうか。その効果は実に多方面にわたることが分かってきました。

 これは結構大変なことになってるかも・・・・。
 これほど多くの人が潜在的問題を抱え、現症状の原因、もしくは病の種になっているのに股関節療法がないのはなぜだろう?不思議・・・

あるとき気付きました。
これは股関節療法ではなく、骨盤療法に名前が変わっているのだな、と。
 骨盤療法を注意深く見てみると、骨盤というよりも股関節にアプローチする場面が多いようです。しかし、名は体を表すの如く、骨盤ですからね、股関節へのアプローチが多いとはいえ、意識がそこに向かいませんし、中途半端感は否めません。
 股関節を入れなおすくらいの気持ちがないと・・・股関節の拘束は取れないものです。

 決して暴力的な操作ではありませんが、圧と伸展と運動法を上手く組み合わせる必要があって、若干の経験と熟練が要ります。

 骨盤の重要性を否定するつもりはありません。しかし骨盤は結果であって、原因であることは非常に少ないものだと経験上、分かるわけです。

 何度もいいますが、骨盤を狂わせているその原因-つまり股関節へのアプローチを優先させたほうが、良い結果を生むんです。

 股関節を経絡的に俯瞰すれば、これはもう全経絡が走行し、あらゆる証があり得ることが分かります。

 特に股関節支配が強い大腸経、胆経に出やすいのです。

 トリガーポイント理論において中殿筋や小殿筋のトリガー形成と活性が腰痛の過半、坐骨神経痛の過半の原因としているのは偶然ではありません。まさにそこに胆経や大腸経が走行しているからなのです。

 逆にいうと、股関節問題の肝(キモ)は中殿筋と小殿筋ともいえるわけで、施術家であるならば探求していかねばならないポイントでしょう。

 股関節に問題があるかどうかを知るには受療者の自覚症状だけに頼っていてはダメです。
 症状が表れているときはもう相当に進行しているときですから。
 自覚のない潜在的な歪みを発見する方法はいくつも考え出されていて、どれも有効だとは思いますね。

 私自身は増永師が診ていた各経絡ポジションによる判定が手軽でもあり、正確さもあるので採用している次第。

 小腸経ポジション、脾経ポジション、場合によっては肝経ポジションで診ます。
 どちら側がツレているかで判断しますが、時としてツレていない方、つまりねているほうの側に問題がある場合もあるので要注意です。
 ですから、両方やることになる。結局両方やるなら検査する必要ないじゃか!という批判は当たりません。術者の頭に入るかどうかだけで、結果が違ってくるからです。

 あとは左右の屈曲制限を診ます。

 せいぜいこんなもんで充分でしょう。
 これらは施術者が問題あり!と判断するためにやるのであって、人に見せるものじゃないんです。

 歪みあり!と判定できれば施術に気持ちが入るではないですか。

 股関節は複雑ですので、施術後、目に見えた物理的変化がない場合もあります。明らかにツレがなくなり、見た目も違うも場合も勿論ありますが、その部分だけを期待しないほうが良いでしょう。見た目云々よりも今起きつつある変化が大事なのです。

 どのような変化が起きているのかを説明するのは難しいものです。

 股関節があるべき位置に戻り、血流、リンパ流が確保されている状態。表現するとすればこういう物言いが一番落ち着くかもしれません。

 折角、施術し、柔軟性を確保しても、男性であればお尻のポケットに財布を入れたり、女性であれば足を組む習慣が止められなかったりすれば、簡単に元に戻ります。それはもうおそろしくアッサリと。

 余談ですが、仙腸関節の調整も股関節の操作の中でやりますと、比較的簡単にできます。

 仰向け状態で膝を内側に入れ込んでいきます。と同時に踵をベッドに外に出すくらい外側にもっていくわけ。極端な内旋状態orX脚状態を作り出すのですが、女の子座りを仰向け状態でやると言い換えたほうが分かりやすいかもしれません。
 両側いっぺんにやってもいいのですが、ここはセオリーどおり片側づつ。
 この体勢は仙腸関節が一番緩みやすいものですから、揺らしながら微調整していきますとあれほど動かなかった仙腸関節が少しずつ動いていきます。
 硬い人は多少痛いかもしれません。
 仙腸関節矯正の印は足裏がちょっと熱くなった感じが多いようですが、個人差があるので絶対的なものではありません。

 

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »