« リフレクソロジーにおける補瀉 | トップページ | 指の使い方 »

ムチ打ち

 先日、初検のクライアントさんの首を触っていて(なんじゃコリャ!)

 頚椎が整列していない感じなんです。ボコボコ・・・

 「首のこと言われたことありませんか?」と聞くと、言われるも何も自分でおかしいと感じているらしい。
 レントゲンも撮ってもいませんし、医学的な所見は分からないにしても自分で触って骨がズレているような感じがするのですから、やっぱり変ですよね。

 「ムチ打ちとか・・とかケガとかで首を傷めたことがありますか?」定番の質問です。

 しばし考えたのち、「そういえば、かなり小さい頃、車に跳ねられたことがあります・・・」

「それは何歳くらい?」

「少なくともまだ小学校には入学していませんでした・・」

「なるほど、で、身体はなんともなかったわけですね、少なくとも医学的には」
「たしか、数日の入院で済んだと思いますから」

「ところで、小学生の頃から肩こりを感じてませんでしたか?」
ちょっと驚いたような口調で「ええ!低学年の頃から、もう苦しかったのです」

 これで愁訴の原因がはっきりしました。幼少時の事故によるムチ打ちです。
 しかし、原因が分かっても、すでにこの時点で40代も半ばですからね。
 身体を一回バラバラにしてもう一度組み立て直す必要があります。
 それくらい歪みが多岐に渡るわけです。
 できないわけではないんですよ。しかし、バラバラにして組み立て直すわけですから、酷いメンケンが起きるでしょう。穏やかにやろうとすれば、長期間に渡る通院が必要です。

 そうでなければ、5時間くらいの施術時間を与えられるか・・・

 もともとボクはこういうタイプの症例は得意なほうでして、何故か施術しやすい。

 肝(きも)どころが分かる・・・勘が働くんですね。

 同じ状況のクライアントさんでも皮膚過敏がある人はちょっと苦手。別のところに気を回さなきゃいけなくて、施術に集中できませんから。
 根底に三焦経問題があるので、皮膚過敏として現れている人もいるんです。

 この人は特に過敏ではありませんでしたから、それなりの施術ができました。
 しかし、30分しか時間が与えられていません!
 30分で何ができる!てなもんですが、与えられた中で最善を尽くすのがプロですから、首と肩と肩甲骨を入念にやってタイムアウト。全身的にはできません、いくらなんでも30分では無理ですわね。

 それでも無数のマッサ体験の中でもNO1の楽チン感があったらしく、えらく感動しておりました。逆にいうと他の業者は一体、何をやってるんだろうと思いますね。
 ちょっと歪みが深くなるともう対応できなくなる。同じような技法を使っているんですけどね。

 ともあれ、過去の事故等が原因で、今なおその後遺症ともいうべき愁訴に悩まされている人が数多くいます。この症状の厄介なところは医学的には決して後遺障害だとは認定されないということでしょうね。あくまでも自然療法的なモノの見方ですから、医者も本人も気づいてないこと度々。

 原因が分かっていてさえ、治せないこともあるというのに、原因を知らなくては間違いなく治療難民化します。

 かつてのインチキ整体師達はこのような治療難民をクイモノにして生息しておりましたが、時代とともにそのような輩が生きづらくなっているのは歓迎すべきことです。

 しかし、治療難民が減っているわけではありません。ある一定数必ずいますし、むしろパソコン、ネットの発達で増えているような気配さえあります。

 対処しづらい人もいますが、中には劇的効果があって、生活の質さえ変わってくる人もいるわけですから、救いの手を差し伸べられるよう研鑽を積むべきでしょう。

« リフレクソロジーにおける補瀉 | トップページ | 指の使い方 »

ボディ・マニピュレーション系記事」カテゴリの記事