« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

胸骨反射と心(しん)

この場合の心(しん)というのは東洋医学における”心”であって、心臓のことも含むけれども、文字通り”こころ”のことをいいます。

腹証においては水月(みぞおち辺り)が反応点なることはご存知のとおり。

水月の上には胸骨があって、ここは感情の座とも呼ばれているところです。

精神的な緊張や不安、恐れなどがその人に深く根ざしている場合にこの胸骨が緊張し拘束されるわけです。

胸骨にはある種の微細な振動があって、その微細運動がストップしてしまうことを“拘束”と呼ぶわけですが、ほぼ例外なく、心に問題を抱えている人やかつて強い感情的なショックを受けた人は“拘束”されています。

ばかりか、我が三水会の長老がいうには、旦那が浮気している奥さんに乳がんが多いと述べていましたが、胸骨から乳腺へのリンパ管が多数走行していることから考えて、あながち間違いではないと思うわけです。

直接的肉体的な被害は女性でガン体質であれば乳がんということになりますし、男性であれば、肺がんもしくは心臓病ということになるようです(もちろん、ライフスタイルの問題が非常に大きいのですけれども)。

さて、この胸骨の微細運動を回復させるのも重要な施術の要件にはなりますが、微細運動は強い刺激には逆に反応しないという特長があります。

弱い刺激によってのみ反応するというのはある意味、物理学の法則を超えているわけですが、これが命と無生物の違いなのでしょう。

しかし、実務上、胸骨に触れるだけの施術というのがクライアントの納得を得られるものではありません。
(一体何やってんだ?)と思われたら、その時点で効果がなくなりますから、余計に実効しづらい施術方法ですね。

東洋医学的なアプローチが優れていると思うのは、胸骨に直接コンタクトして、触れるだけという手段を取るのではなく、その下の水月部分にアプローチをかけるということではないかなと思っているわけです。

ここなら、胸骨ほどバストに近いわけではありませんし、ある程度の力を込めても間接的でありますから、胸骨の微細運動の促進こそすれ、阻害することがありません。

さらに陰陽関係で小腸反応ゾーンを施術すれば、より完璧に胸骨の微細運動回復に役立つわけです。

腹証を上手にされると、極めて気持ちが良いのは、ある種の感情の解放を伴うからです。

小生も初めて腹証をされたとき、スッと心が軽くなった気がしたものですが、それは気のせいではなく、実際に胸骨の微細運動が回復し、感情の解放が起きたからなのでしょう。

そういう意味で、腹証の意義はもっともっと知られて良いと思いますし、もっともっと使い手が増えてほしい手技の一つだと思う次第です。

首の痛み

前回も首の話題でした。
不思議なもので、来院するクライアントさんの問題箇所が立て続けに同じということがあります。

一種のシンクロですね。

昔の話ですが、最高5人連続で膝痛のクライアントさんだったということがあったくらいでして。
さすがに5人連続というのはそれ以来ないですが、今でも2人連続、3人連続はザラにあります。

全く接点のないはずのクライアント達なのですから、もうこれはシンクロとしか呼べない現象です。

それはさておき、
首の症状も続いております。今回は痛みを取り上げてみましょう。

60代女性。
首から肩にかけて異様にコル感じすると・・・
さらにコリ感というよりも、痛みに変わるほど悪化していくそうな。

ふむふむ、なるほど、なるほど・・・

愁訴を聞いただけで、肩甲挙筋のセントラルTP症候群だと分かります。

前回の人のように首の回旋不能というのも、肩甲挙筋が大きく関係しておりますが、このように痛みを出すということもあるわけです。

ムチ打ちなんぞは典型でしょうね。

たまたま前回の三水会で肩甲挙筋の処理の仕方などを復習したわけですが、特にセントラルTPの処理の仕方をマスターすると守備範囲が飛躍的に広くなるわけでして、重要な操作の一つだと思います。

さて、このクライアントさんは定期的にこの症状が出てしまうということでした。
姿勢を診てみると、酷く猫背なんですね。

猫背の場合は大胸筋、小胸筋の短縮が間違いなくありますから、その処理をしないと施術効果が長持ちしません。

つまり、首まわりの処理とともに、肩~肩甲骨まわりは当然として、前側の処理に時間をかけなければならないのです。

ゆっくり、静かに、深~く、大胸筋、小胸筋に圧を送り、自然に緩むようにしてあげました。まあ、気持ち良さそうなこと。

鎖骨の下あたりから乳腺が始まるぎりぎりのところまでやらねばなりませんので、クライアントさんが女性ですと、非常に気を使います。

しかし安心感のある施術で上手にやれば、凝っているわけですから、適応症の方はとても気持ちが良いわけです。

愁訴についての施術を一式やったところで、眠ってしまったようです。
起こすのが偲びないのですが、仕方がありません。

起きて頂き、首を回してみれば、痛みは完全消失。

それほど重症ではありませんので、一回でOKです。

三ヶ月くらいは持つでしょうね。

このように明らかにTP症候群であったとしても、歪みの連鎖の中で考えていかねばならないことも多いわけです。

トリガー処理だけをする西洋的な発想ではなく、歪みの連鎖、つまり経絡的な発想というものも施術には欠かすことができません。

絶対的に正しい筋肉連鎖モデルというのは実はないんですけどね。

姿勢とか硬さとかを診て、自分がこうだと思った方向で良いわけです。

あとはTPが大きくハズレていなければ、大概の問題は解決するのです。
(ある程度の回数が必要な人もいるけれども)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »